© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

当たり前を疑う時

21.03.2020

私達は、

「こうするといい」

「こうすると幸せになれる」

「こうすると好かれ認められ嫌われない」

「こうすると痩せる」

「こうすれば成功する」

と信じてやって生きているところがたくさんあって、

 

そして、

それを信じてやってきた結果が、

「いま」であって、

そして、

それが自分の思い通り、

理想通りになっていないとしたら、

その「信じてきたこと」が間違っている可能性が高いわけです。

 

もちろん、

その信じてきたことを愚直にやり続ければ、

その理想とする結果にたどり着けるのかもしれませんが、

いくらその方法を繰り返しても結果に結びつかないことだってたくさんあるでしょう。

 

でも、もうそろそろ、

その信じてきたことの「逆をやる」をやってみてもいいのではないかと思います。

 

それは、

今まで、

「やってはいけないと信じてきたこと」

「やってもうまくいかないと信じてきたこと」であり、

「そんなことすると失敗すると信じてきたこと」かもしれないのですが、

 

信じていることが変わった可能性もあるし、

時代が変わった可能性もあるからです。

 

「デキルが愛される」

「ひとりでがんばる」世界から、

「出来ないことで人に迷惑をかけても助けてもらい感謝があふれる」

「出来ることで、存在することで何かに貢献する」世界へ。

 

 当たり前を疑う時が来ました。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload