© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

あの人に嫌われた

21.03.2020

嫌わ「れ」たんじゃないです。

あの人に、

あなた「を」嫌う理由があるだけです。

 

嫌われたあなたの問題ではなく、

嫌うあの人の中に問題があります。

 

あなたに、

ひどいことされた「気」がしたか、

あなたがうらやましかったか。

 

あなたに、

自分の劣等感や抑圧を見たのか、

しらないけれど。

 

嫌う理由はあっても、

嫌われるのに理由はないのです。

 

ただし、

「また」嫌われたと感じた人は、

嫌われたと「感じた」理由があります。

 

つまり、

嫌う人と嫌われる人は、

同じ傷を持った人が、

申し合わせて演じて遊びながら、

その傷に気付こうとしているのです。

 

ただ、それだけのことです。

 

だから、

解決しようとしなくて、

嫌われた悲しみを味わっていればいいのです。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload