© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

がんばることは悪い事か?

03.03.2020

「がんばらない」をよく言う人がいますが、

 

あまりいうと、 

「がんばることは悪いこと」

ととらえる人が出てくるのも事実です。

 

受け取る側がどう受け取るかは、

コントロール出来ません。

 

頑張って、

ストイックに、

貫くこともそんな生き方も、

ひとつの美学・カッコよさとしても良いです。

 

好きなこと、やりたいことなら、

ガンガン努力すれば良いです。

 

これがいいよ、こうしよう。

と言うと、

 

=その他はダメ、逆のことはダメ。

 と、つい、

受け取ってしまうからです。

 

「がんばらない」を言うのは、

悩んでる人の特徴が「頑張りすぎ」だからです。

 

心の奥の、

「罪悪感」「無力感」「無価値観」

から来る、

「埋める」ためのがんばりで、

何かを恐れたり回避するための頑張りです。

 

怒られないように、

迷惑かけないように、

嫌な奴だと思われないように、

褒められるように、

認めさせるために、

失敗しないように、

期待に応えないと。

 

上記で頑張るのは、

その逆効果が待っています。

 

こういう頑張りには、

別の名前つけないといけません。

 

名付けて、

がんばるではなく、

「怖がる」です、

 

うまくいかなくなった人には、

「がんばらない」ことで

新しい世界、愛情と豊かさの世界に、

気付くことが出来ます。

 

がんばらないは、

「怖がらない」ということ。

 

怒られることを怖がらないでいいです。

大丈夫です。

迷惑かけてもいいです。

許してくれます。

嫌な奴だと思われていいです。

笑ってくれます。

褒められるようにしなくてもいいです。

そのままの方が褒められます。

認めさせるために頑張ると相手も意地になります。

失敗してもいいです。

全然大丈夫です。

期待に応えないとってがんばらなくていいです。

誰も期待してないです。

 

怖がらなくていいです。

 

そして、

本当の願張るは、

 

うまくいかなくても、

迷惑かけても、

嫌われそうでも、

損しそうでも、

意味なくてバカにされそうでも、

怒られても、

笑われても。

好きなことならやり続ける!

 

堂々と!

 

そのことです。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload