© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

自分に嘘をついてる数の多さ

27.02.2020

本当はやりたいのに、 

やりたくないといったり、

やらなかったり。

(遠慮や罪悪感など)

 

本当は断りたいのに、

断らずに引き受けてやってしまったり、

 

本当は辞めたいのに、

誰かの迷惑を考えてガマンしてしまったり。

 

でも、

本当は嫌だから、

「断る正当な理由」が欲しいから、

忙しくしてみたり、

反対する人を連れてきたり、

お金を無くしたり、

病気になったりします。

 

「断っても嫌われなさそうな正当な理由」を

「自分で」用意するんです。

 

「動かなくても済む」

「弱音を吐いても仕方ない」

と、

「思ってもらえそうな理由」

を、

「自分で」用意します。

 

本当はネガティヴなこともあるのに、

ポジティヴなふりをしたり、

 

本当は心が空っぽなのに、

楽しいふりや充実しているふりをしてみたり、

 

本当は怖くてたまらないのに、

弱音を吐かないようにいつも「大丈夫」と

明るく振る舞ってみたり、

 

本当は暗い自分なのに、

友達いっぱい集めていつもはしゃいでみたり、

 

逆に、

本当ははしゃぎたいし色々チャレンジしたいのに、

何かにいつも遠慮して小さくなって生きていたり。

 

そんな、

「自分でも気づかない位の小さな嘘」

「当たり前になりすぎてわからなくなっている嘘」

が積み重なって、

自分の本当の道を詰まらせて、

塞いでしまっています。

 

人生は、自分に、

「本当は、違う。あなたの生きる道は。」と、

行く道をふさぐような出来事をたくさん用意して、

進路変更を導いてくれます。

 

もっと、目立っていい。

もっと、ネガティヴでいい。

もっと、わがままでいい。

もっと、泣いてもいい。

 

さあ、どうだ。

というような出来事を起こし。

 

自分に正直になるって、

自分を大事にするって、

自分の心に従うって、

わがままに生きるって、

 

実は、とても勇気のいることです。

 

好きなことをして生きましょう。

楽しいことだけしましょう。

ゲスく生きましょう。

 

「そんなことしたら、世の中グチャグチャになります!」

と言う前に、

 

出来るものならやってみて下さい。

 

それが怖いから、

自分が我慢したり、

ダメなことだと自分を戒めてみたり、

ただ、頑張ってみたり、

 

自分を犠牲にすることに。

逃げてしまうだけだから。

 

もう、

それは終わりにしましょう。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload