© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

まずは自分を救う、自分が救われる。

25.02.2020

まずは、自分を救おう、救われよう。

 

自分を救うことが、

他人を救うことになるからです。

 

他人も、自分の一部だからです。

 

自分が救われる=あの人も救われる、

だからです。

 

だから、

本当の意味で他人を救えるのは、

すでに自分が救われている人だけです。

 

もちろん、

他人=自分なら、

他人を救うことが自分を救うことになることもあります。

 

それでも、

他人を救いながら、

自分を犠牲にしたり

他人を救うことで、

自分の満足を得てみたり

他人を喜ばせることで、

自分を満たしたり、

ということを繰り返しているうちは、

 

「他人が喜ばないと自分は満たされない」

という苦しみも同時に背負うことになるのです。

 

「他人軸」「他人目線」では、

いつまでも「自分はほったらかし」になってしまいます。

 

といいますか、

「他人を使って自分を満たそうとするな」

「かわいそうな人を使って自分を役立つ人間にしようとするな」

ということです。

 

そしてもう一つ、

「救うべき “かわいそう” な人は居ない」

ということも、知っておく必要があるのです。

 

「まずは、自分を救おう、救われよう」

それはまずは、

 

自分が自分にしたいことを、

させてあげて。

欲しいものを、

買ってあげて。

行きたいところに、

連れてってあげて。

言いたいことを、

言わせてあげて。

イヤなことは、

やめさせてあげて。

安いものより好きなものを、

買ってあげて。

行きたくないところに、

我慢して連れてかないで。

言いたくもないことを、

言わせないであげて。

 

自分に、

我慢させないであげて。

自分を、

もっと甘やかせてあげて。

自分の失敗を、

許してあげて。

笑ってやって。

自分のできなさを、

笑ってあげて。

イヤなことからは、

逃してあげて。

好きなひとと、

居させてあげて。

 

良い人、やめてあげてです。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload