© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

開放

15.02.2020

次のステージに行くということは、

いまのぬるま湯を抜け出すということであり、

 

「今までの自分」 

「いい人してた自分」 

「お山の大将でいた自分」

「愚痴を言い合っていた仲間」

として付き合いのあった人たちから、

嫌われ、

叩かれて離れるリスクを背負い、

今までの鎧と、

得たものを捨てて、

 

ひとり旅立つ、

ということでもあります。

 

同時にこれは、

 

「素晴らしいものを提供すること」をも

終えるということでもあるのです。

 

でも、

無理にそうする必要はない。

今のままで十分幸せなのなら。

 

それでいいと思うのです。

 

例えば、

ガラケーからスマホに乗り換える。

新機種にする。

車を乗り換える。

 

服装や髪型を「とんでもないもの」に変える、

とかそういうのも同じです。

 

無理に成長なんてする必要もない。

 

でも、

「成長する」というのは、

「自分本来のあるべき姿」に戻っていく、

ということです。

 

自分が100の素晴らしさがあるとします。

 

でも、

子供の頃からの何かで、

それを20に押さえ込んでしまってて、

それを、30.40...と「戻していく」。

 

だから、足し算ではなく、

押さえ込んでいるものを引いていく。

 

自分でないものを足していたのを

引いていく。

 

鎧を、武器を、捨てていく。

 

本来の姿に戻る、

それが、成長です。

 

それは、

「成長して大きくなる」のではなく、

 

小さく閉じ込めていた箱から自分を出してあげる

「開放」なのです。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload