© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

甘え方がよくわからない

12.01.2020

「甘え方」って本当に色々あります。

 

ただ、

「甘えられない人」ってもしかしたら想像するよりも多くいらっしゃるのかもと思ったのです。

 

甘え方って、

上手な人と下手な人がどうしてもいます。

 

甘え方が上手な人は感情表現が得意な人であると思いますし、

自分自身が感じるYesとNoもある程度普段からハッキリ言える人です。

そういう人って、環境や周りの人間関係に対しても「うまく甘える」というのが選択肢として選べるのだと思います。

「あ、今回は甘えておこう」とか。

 

でも、

それに対して感情表現が苦手な人って、

甘えるという選択肢が手持ちのカードに無いです。

「頑張らなきゃ」がいつもカードとしてくる人です。

「甘える」という選択をするまでに自分の限界を超えて頑張って、

倒れる寸前、

もしくは倒れた後にはじめてそのカードを取って良いと考えてしまう。

 

今回はそういう「甘えるのが苦手な人」の何かの役に立てたらと思って書きます。

こういう記事って「あ、こういう“甘えても良いんだよ系の記事苦手”」って言う人もいると思っています。

 

甘えるのが苦手な人の頭の中は大体これから挙げる三つの言葉によって常に頭の中がいっぱいになっています。

 

・「やらなきゃ」・「頑張んなきゃ」・「もっとしっかりしなきゃ」

 

この三つの言葉って向上心とか「今の自分より次のレベルへ」という意味で社会的にも常識的にも推奨される言葉です。

 

でも、

こういう「○○でなきゃ」という言葉や、

この言葉に付随するタスクに支配されるようになると心がだんだんと麻痺して不感症になっていきます。

 

だからこそ、

たまには自分自身に対して、

 

「色々なことを言う人がいるかも知れないけど、あなたはすごく頑張ってきたと思うよ」

 

と言ってあげて欲しいのです。

 

いつも思うのですが、

赤ちゃんがハイハイとかを頑張るのは、

もちろん様々な理由があるとは思うのですが「すごいね」っていちいち褒められるからという理由も大きいと思うのです。

 

頑張ろうとしたことを認められる。

それってすごく単純かも知れないけど、

大事なことです。

 

結果を出すまでが早い人、

要領が良い人、

体力がある人、

そして運が強い人もいます。

でも、

それ以外の不器用な人もきちんといるのです。

 

いつまでも褒められたことがない人は、

自分を壊してでも「周囲の期待に応える」、

もしくは「周囲の期待に反する」という行為を続けようとします。

 

自分の限界を知るのって、

基本的には自分しかいないです。他人はその限界を大抵見誤ります。

 

自分の痛みではないから「もっと頑張れ」って常に言える。

「俺が若い頃はもっと苦労した」と押し付けたりもしてきます。

 

強くなろうとした分だけ「よく頑張ってる」と自分だけは自分に確認してあげてください。

 

世の中にはめちゃくちゃ強靭なメンタルと肉体を持った人が一部います。

そういう人たちはやっぱり気合いと並外れた活動量で社会的な成功を収めていくことが多いです。

 

でも、

ウサイン・ボルトの練習法を求められたら一般人は一瞬で身体を壊すように、

自分の強化方法を知っていくのは基本的に自分です。

 

私自身は自分の脳内に「褒め褒めオールスターズ」を何人か持っていて、

 

・スナックのママ

・商店街の食堂のおばちゃん

・いい加減な坊さん

 

とかが「いやぁ、よく頑張ったよね。えらいよね」と褒めてくれるようにやっています。

 

「わかってもらえてる」ってたとえ空想でも自分の力に必ず変わるから。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload