© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

変態は予測不可能を選ぶ

12.01.2020

これは誤解を招かないようにちゃんと書きたいのですが、

私が今まで会ってきて、

「なんでこの人こんなことできるんだろう?」と、

いわゆる他の人には到底真似できないような生き方とか、

仕事術みたいなものを確立している人達。

そういう人達を敬意を込めて“変態”と読んでいるのですが、

 

そういう変態って人生のいわゆる岐路で

 

「予測不可能な道の方」

 

を選択することが非常に多いのだと思います。

 

ここで誤解を招かないようにお伝えしたいのですが、

この人達っていつも「無軌道」に生きてきたわけではないのです。

 

ある仕事をする時にも「抑えなければいけないポイント」を徹底的に考え、

そして愚直なまでに「基本」と言われていることをきちんと積み上げ、

その上で段々と周りの信用を集めて

「こういうことはあの人にしかできない」という立場を確立していく。

 

でも、

そういう変態達って、

観察していると必ずしも「コツコツ」だけをベースに積み上げてきたわけじゃないんです。

 

そうじゃなくて、

きちんと今までのことを積み上げてきた先に、

 

「あ、これ以上このやり方で頑張り続けてしまうと明日に何が起こるかわかってしまうな。大体このあたりのポジションで落ち着いて、それで予測可能な毎日に行ってしまう」

 

とどこかで気づく。

 

そして、

「明日に何が起こるかわからない」という予測不可能な世界に行くべく、

そっちの方向に舵を切る。

 

変態のエピソードにはそういう、

周りから見たら合理的でもないし、

現実的でもないし、

でも「本人だけの考え」で「あ、こっちだ」という方向を選んでしまうことがいくつかあるのです。

 

もちろん、

「予測可能な世界」というのは素晴らしいです。

そこを守れる人はきちんと守ってもらうことになんら上なり下もありません。

 

でも、

世の中って「獣道」でしか生きられないような方がいて、

そういう人たちって

「多分このままやっちゃうと来年あたりに飽きて全体の調子が失速する!」という時に「えい!」って舵を切っちゃう。

 

そういう変態と会うのがすごく好きです。

 

変態達は基本的に何を言っているのかよくわからないから。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload