© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

人を好きになるということ

12.01.2020

これは私が対面の仕事で感じてきた感想なのですが、

人を好きになるって正確には、

 

・「人を好きになって自分を委ねるのが速い人」

・「人を好きになっても自分を委ねるのに時間がかかる人」

 

で分かれるのです。

好意とか「好き」って実はもうけっこう抱いているものなのです。

 

ちょっと想像していただきたいのですが、

お友達とかでよく恋愛している人とか、

人を好きになるのが速い人って、

ある程度好き嫌いがハッキリしている人だと思うのです。

 

人を好きになる感覚を強く持っている人って、

好きな食べ物にあったときにも「これ好き」って言って、

苦手な食べ物にであったときも「これ嫌い」ってけっこう人前でもハッキリ言う人です。

 

「好きと嫌いを言うことに対して人前でも躊躇がない。堂々としてる」

という人って恋愛経験も多くなりがちです。

それこそどの人の身近にもいると思います。「あ、そういうの無理!」

とか、

「それ超好き」とかけっこう人前でくったくなく言ってしまう人って恋愛経験が豊かな人になりやすい。

 

そういう人って、

誰かを好きになって色々話したり、

色々好きになられる部分を発見したら、

自分のセキュリティコードの何個かを相手に委ねてしまう感じになります。

「はい、これが私です。共有しましょう」って。

 

逆に、

人を好きになってもどうしても自分を委ねられない方っています。

そういう人は、

 

・好きになってもいつ相手が心変わりするかも知れない、「やっぱりダメでした」と宣告されても大丈夫なように、自分自身のセキュリティコードをより厳重にしてしまう

 

・人前で合わせるのとか気をつかうことに慣れ過ぎてしまっているため、堂々と躊躇なく「これ好き」「それキモイ」「それ苦手」が言いにくい

 

・自分の本音は大体怒っているときか、すごく追い詰められているときか、情緒が不安定なときにしか言えない

 

・好き嫌いがハッキリ言えないで「溜める」傾向があるのが、好き嫌いをハッキリ言う幼少期などに「大人に抑え込まれた」とかそういうのはあるのかも知れない。ただ、過去のトラウマ説に走り過ぎるとなかなか自分を変えられなくなってしまうのですごいトラウマがある人以外は深追いしない方が良いかも知れません。変わりたいと思ったタイミングで「これからはどうしたいか」で変わっていく未来の方が大切になるから

 

とか、そういう特徴が出てきます。

 

じゃあどうしたら良いか。

 

人を好きになる努力なんてまずしなくて良いから、

「自分」を持っていきましょう。

 

人を好きになるって、

「食べ物の好き嫌いを躊躇なく言うようなもの」です。

 

人を好きになれない人って、

他人になかなか自分を委ねられません。

 

その「確たる自分を持つ」ためにひとりでものすごく色々なものを背負い込んで努力します。

 

「自分の考えを言って良い」と、

自分に自信をつけるまで、

世間的にも認められるためにそこだけに一心不乱になって努力をします。

 

「これだけちゃんと乗り越えてきた自分なら、好き嫌いを言って良い」と、

人前での躊躇を無くそうとしているのです。

 

それも良いことかも知れないのですが、

「好き嫌いがあって、自分に得意なこと、苦手なことがあって、苦手とか得意ではないことに関しては誰かを信頼して言ってみる or 頼む」とか、

“苦手なことを素直に申告ができて、それをあんまり恥じないこと”をやるとけっこう心って開けていけます。

 

人に気をつかう前に「自分」があっても良いというのが、人を好きになる第一歩なんだよなって改めて思いました。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload