© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ピークを作らないこと

12.01.2020

という話があります。

この話がすごく好きで、

そして個人的にも「ピークを作らない意識」ってけっこう持っています。

 

ピークを作らないというと、

どういうことかと言うと、

これは誰かから聞いた話だから事実としてあるかどうかは確証が持てないのですが、

オリンピック選手とかそういうアスリートの方が肉体的なトレーニングと同じようにメンタルの先生がついてメンタルトレーニングをするのがもう常識の時代になっているじゃないですか。

そこで、

ここから先が聞いた話なのですが、

オリンピック本番で金メダルを取る可能性がある人にメンタルコーチが言うことがあるみたいなのです。それは、

 

「金メダルの表彰台に上がるまでに何でも良いから次の目標を決めておけ」

と。

 

もし、

無防備のまま今までやってきたことが報われて、

客観的にも「世界一」という称号を手に入れ、

そこで金メダルを掲げて「やったー!」ってガッツポーズをしたら、

その後激しい燃え尽き症候群になる可能性があるみたいなのです。

つまり、

人生のひとつのピークを無防備で迎えてはいけないということなんですね。

 

「一般の人には関係ないんじゃないですか? そんなに多くの人がピークを迎えることなんてないわけだし」

という意見があるかも知れません。

でも、

それこそ一般人である僕らも自分で気づかないうちに「ピーク」にこだわっていることは多分あるはずなのです。

「なんか知らないけど24歳の時すごくモテた」とかですね。

一気に金メダルの話からグレードダウンしますが。

 

ただ、

やっぱりなんとなくこれまで生きてきて思うのが、

会ってきたすごい人は、

上手くいった話を「運が良かっただけ」って結構きっぱりおっしゃります。

逆に、

上手くいかなかったことは、

「自分に責任がある」とハッキリと自分の非を認める。

 

この辺の話がやっぱり私はすごく興味があって、

人間って「わかった」とか「そういうことだったんだ」とか、

そういう意味に帰着してしまった時って、

もうそれ以上の探求心を無くしてしまう気がします。

そういう状態になった人の顔色は、

どこかで怖い話、

人生に対する「飽き」の表情が出てきてしまう。

その「ピーク」って、

幸福なものでも、

もしくは不運のピークであっても、

「ピーク」と認識してしまうとなんとなく生きていくか動力って落ちる感じがするのです。

 

強引に終わりにしたいのですが、

なんかこう、

自分の状況がどうあれ「運が良いこと」を見つけられている人はなんとなく幸せそうだなと思います。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload