© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ネガティブな人格攻撃

12.01.2020

本日はちょっとだけぶっ飛んだ話をしたいのですが、

私自身が人と会って話を聞く仕事をさせていただいてきて、

けっこうものすごい確率で自己評価が低い人に出会ってきました。

 

・みんなの役に立っているけど、ひとりになると途方もなく「私には何もない」と感じる

・恋愛問題でいっつも後ずさりして前にいけない

・誘って欲しかったチャンスがあっても、前に踏み出せない

・とにかく自信がない

・「ごめんなさい」と「あ!大丈夫です!」が口癖。大丈夫じゃなくても「大丈夫」と言っちゃう

・心配を掛けたり迷惑を掛けたりすることにものすごい罪悪感を感じる

 

などの人です。

 

この「なんかよくわからないけど現代人って異様に自己評価が低い傾向」があるんじゃないかと思い、

それについてどうしてもここでお伝えしておきたいことがあって筆を取りました。

 

ちょっとぶっ飛んだひとつの結論を言いたいのですが、

私は自己評価が低い人って、

なんらかの、

「合わない人や嫌いな人、そして生理的に受け付けない人からの呪いの言葉に引っかかっている可能性がある」

 

と思っています。

 

たとえば、

「可愛げがない」って、

それを言った方にとっては「軽い冗談」だったつもりでも、

言われた方はすごい大きな痛手になったりする場合があります。

もうひとつだけ嫌な言葉をついでに書き連ねると、

「あなた、そんなことやってたら将来ダメになるよ」とかですね。

 

多分そういうネガティブな、

自分のことをわかってもない人から言われたことでダメージを負った人って多分もう全員だと思うのです。

 

呪いの怖いところって、

「そんなこと言う人のことは放っておけ」ってならない場合があるのです。

 

たとえば、

本人にとっても、

「そんなことを言う人の言葉は無視して、自分なりに可愛げを目指す」とかですね、

そういうことをやる方が合理的ってわかってるけど、

それやっちゃうと、

それを言い放った人への復讐にはならない。

 

「じゃあ私に可愛げがないとか、そんなことやってたら将来ダメになるとか、お前がどれほどの言葉で私にダメージを与えたのかわからせてやるよ」

 

って、

一生懸命自分の人生を賭けて、

自分をダメにしていくことが復讐行為の一環としてあります。

 

なんでそんな不合理なことをするのか?したい気持ちが起こるのか?

 

大好きな人に言われた言葉が泣くぐらいに悲しくなって、

もう3日間連絡取りたくないとか。

すぐに連絡して「大丈夫だよ」と言ったら復讐にはならないから。

それだけ「それによってどれだけ私がダメージを受けたかわからせる」っていう復讐行為は身近にあります。

 

最後に、

これは仮説なんですけど、

どんなに嫌いな人でも、

どんなに合わない人でも、

 

「人って自分の人生に口出しをしてきた他人と無関係ではいられなくなる」

 

っていう、

すごく怖い面があるんじゃないかと思うのです。

だから、

「あなたはダメになる」って自分の人生に入ってきた人の言うことに対して「その約束を守ろうとしてしまう面」ってあり得ます。

 

今からできるそういう「ネガティブで傷つく人格攻撃」に対する対策としては、

 

※ これは個人の意見です

 

というテロップを空想の中で入れてください。

それか、

私の場合は「それはあなたの考えなんですね」って心のなかで必ず注釈を入れます。

 

自分が満たされないものを持っている人って、

人の人生に口出しして、

その人の人生の価値観に侵食して破壊しようとします。

誰かの発言によって帰りの電車とか、

下手をすれば一週間ぐらい「モヤッ」とするを埋め込まれたときって、

そういう攻撃を受けた場合があります。

 

できるだけ巻き込まれて不機嫌にならないで、

上機嫌になるために何かをする。

嫌なことを感じたらその直後ぐらいにすぐに自分の好きなアロマとか香水の香りを嗅ぐとかもお勧めです。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload