© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

11.01.2020

人は、

ある業界に属したりしていると、

段々、その「らしさ」が、

染み付いてくるものです。

 

これは、

業界だけではなく、

属する会社とか、

その人が誰に憧れる人によって、

いつの間にか、

その人らしい振る舞いをしているものです。

 

「え?私、そんな事ない」

と、思うかもしれませんが、

そうは行きません。

 

皆様は、

皆様が属する社会の常識や憧れる誰かの何かについて、

そっくりな事をしているものです。

 

なぜ、そうなるかというと、

人は、その業界や憧れる人の

「やり方」とか「方法」だけでなく、

 

「なぜ、こういうやり方をするのか?」

「どんな気持ちで、これに取り組んでいるのか?」

「その時、心の中で何が起こっているのか?」

までを、無意識に分かろうとしているからです。

 

表面的に現れた技やスタイルとか、

企画書や文章といったアウトプットとか、

何が良くて何が良くないのかの根本となる

「考え方」や「感じ方」まで、

コピーしているから、

そうなるんです。

 

さて、何が言いたいかと言うと、

どうせ、そうなるなら、

良いお手本を見つけて、

それを積極的に自分にコピーすれば良いと

思います。

 

いいなぁと思う人の文章、

いいなぁと思う人の話し方、

いいなぁと思う人の立ち居振る舞いを

真似るだけでなく、

 

その時に起こっているその人の気持ち、

その人が見ているその先の何か、

その時に起こる脳内の風景までを

自分に取り入れようとするんです。

文章を上達させたり、

話し方を上達させるには、

この方法が最も早いと思います。

 

その代わり、一時期は、

本当にその人そっくりになりますが、

これは後から、

他の人で良いなぁと思う所を同じようにやっていけば、

あなたなりに程よくミックスされるので、

問題ないと思います。

 

また、何かのスクールやコミュニティに

時々、意図的に参加して、

何かのスキルを上達させながら、

自分の「色」を調整すると、

より深みが出てきます。

 

いずれにしても、

今の自分の「色」が何色で、

次にどんな「色」を足したいのかを

自分で認識する事が先かもしれません。

 

足して濁るのではなく、

深みや奥行きを出す事が大事ですから。

 

ペラペラな自分じゃ、

やはりつまらないし、

噛めば噛むほど味が出るような自分になる方が、

人と接していても楽しいものです。

 

そのためにも、

私も良いと思うものは、

どんどんコピーして行きたいと思います。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload