© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

混乱期

10.01.2020

皆様も時々、

なぜか悶々として眉間にシワが

寄りっぱなしの時はないですか?

 

そういう時は、

新しい事を生み出す前の「混乱期」です。

 

新しい事を生み出す前というのは、

 

・頭の中にある情報が一度バラバラになり、

・更に新たな情報が加わり、

整理がつかない状態になります。

 

混乱するから整理したい。

整理されただけだと飽きるから、

一度壊して、組み立て直したい。

 

混乱期は悶々とし、

混乱→整理期は創造的になり、

整理期は気持ちが安定し、

整理→混乱期は不安になる。

 

こんなサイクルが回っています。

 

だから、

悶々とした気分は、

やがて来る創造期の前なので決して悪いわけではないのです。

 

というか、

一度バラバラにする時期がないと、

結局、今までと同じになります。

 

ところで、時々、

スケジューリングの話をしていますが、

何かが思うように進まない、

いつまでに仕上げたいのにまとまらない、

となっても、

 

このサイクルを理解していると、

それほど焦らなくなります。

 

もちろん、

考える時間を確保する事は必要ですが、

その取っておいた時間に考えがまとまらなくても、

このサイクルに沿って、

帳尻は合ってくるものなのです。

 

よく、あの時は全く企画が進まなかったのに、

土壇場であっという間に仕上げたというのは、

きっと、混乱→整理期に入ったからです。

 

どんなタイミングでこのサイクルが回るのか、人それぞれです。

 

でも、どんなに悶々としていても

眉間にシワが寄っても、

 

「必ずカタチにする」

「必ず何か打ち手がある」

 

と諦めなければ、

それはどこかで帳尻があって

実現します。

 

スケジューリングと言うと、

すごく左脳的に聞こえるかもしれませんが、

実際は、こういう体感覚や、

また直感などもすごく大事です。

 

そんな右脳も左脳も総動員しながら、

仕組みづくりに取り組めば、

うまくいきます。

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload