© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

頑張らない

10.01.2020

以前読んだ、

400mハードル日本記録保持者の為末大氏の著書に書いてあった、

 

頑張るというのは、

やりたくないことに犠牲を払って、

取組んでいる状態で、

 

「あぁ、今日も頑張って、疲れたなぁ、

明日はノンビリしようかなぁ」

と思うような取り組み方では成功しない。

 

一方、努力を努力と思わず、

努力そのものが楽しい事は、

それをやり続ければ、

一流になります。

 

でも、

人間というのは、

過分に目標に重きを置きすぎて、

ついつい、辛い努力が必要だと、

向いていない事に時間を割いてしまう。

 

すると、

その努力が全く苦にならず、

純粋に好きでやっている人には、

絶対に敵わないです。

 

これをやれば、

これだけ稼げそうとか、

これをやれば、

見込み顧客が10倍になるとか、

そういう成果だけに目を奪われて、

そのプロセスを見失わないことです。

 

その成果を出すためのプロセス自体が、

自分にとって楽しいかどうかが、

一番、大事なのです。

 

自分らしく、

楽しく努力できるか?

やっていること自体に充実感を持てるか?

 

皆様の行く道というのは、

こういう努力が努力と感じない所です。

 

ただ、大方の人は、

それが本当に向いていないかどうか自体が

分からないのではないでしょうか?

 

その判断の一つの指標として、

他の人は楽しんでやっているのに、

自分は全く楽しめない、

やりたくもないとしたら、

それは捨てるべき選択肢だと思います。

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload