© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

10.01.2020

以前、

以前のニュースサイトの

藤田氏に関する記事を書きます。

 

内容は「運」についてですが、

テーマは「丁寧に生きる」と

なっています。

 

・親しい人ほどメールを丁寧に書く

・殴り書きや形式的なメールはやらない

・スケジュールを詰め込み過ぎない

・ひと呼吸おける余裕を意識的につくる

 

・アポは少し早めに到着する

・困っている人がいたら積極的に声をかける

・落ちているゴミを拾う

・店員さんの目を見て話す

 

・ルーティンの仕事もフレッシュな視点で見つめ直す

・手元の書類にも手紙を読むように丁寧に読み込む

・サインやハンコも真心をこめて一つひとつ押す

・人の話は丁寧に聞き、話す時は言葉を選んでゆっくり話す

 

一つひとつ丁寧に生きる事で、

日々の生活が豊かになり、

良い運気が巡る気がする。

 

うまくいかない時は、

じっと我慢するが、

手を抜かずに丁寧に丁寧に仕事をする。

 

正しい方向に努力して、

丁寧に仕事をすれば、

必ず運気は巡ってくる。

 

こんな事が書いてありました。

 

皆様は、

どこまでできていますか?

 

もっと、余裕を持たないといけないですね。

 

「丁寧さ」が運気につながるのなら、

なおさらです。

 

丁寧じゃなかったら、

運が下がってしまうのですから、

やはりスケジュールの詰め込み過ぎは禁物です。

 

スケジュールは、

余裕をもってつくるですね。

 

次の企画とかコンセプトをつくるのもそうです。

 

大体、ひらめきというのは、

焦った所で出てきません。

 

ひらめくまで、

コツコツと情報を集め、

頭の中で、アイデアがじっくりと

まとまっていくのを

辛抱強く待たないといけません。

 

こういうのも「丁寧」だと思うわけです。

 

丁寧に自分に向き合う、

丁寧にアイデアをカタチにしていく。

 

そうしたら、

たった今、アイデアが全く浮かばなくても、

「いずれちゃんと出てくるから」と、

自分を信じる事ができるようになるんです。

 

自分を信じる事ができれば、

うまくいかない時だって、

ちゃんと辛抱できるはずです。

 

もうすぐ訪れる空が広い秋の季節は、

大きな視点で物事を考えられるチャンスです。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload