© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

肩書き

10.01.2020

皆様は、
自分が何者か?について、
違和感なく 「〇〇です!」と答えられますか?
 
違和感というのは、
 
「今、〇〇コーチと言っているけど、 
 どうももう一歩、しっくり来ないな~」
 
「今、カウンセラーと名乗っているけど、 
 本当は、コンサル的な事もしているんだよな~」
 
「自己紹介するとき、なぜかいつも、 
 つっかえてしまうんだよな~」
 
といった感覚的なズレの事です。
 
こういうズレは、
思っている以上に、 
外に伝わるものです。

例えば、
ブログがイマイチ響かなかったり、

商品の説得力が欠けたり、

価格を言う時にヘンな罪悪感が出てきたり。
 
ドラッカーが、
 
「自分は何によって覚えられたいのか、 
 その問いかけが人生を変える」
 
と言っていますが、
やはり、
自分の仕事には誇りを持っていたいですよね?
 
違和感があれば当然、誇りも中々持てない。
 
だから、
自分は何によって覚えられたいかを問い、 
それを表わす事はとても大事です。
 
そして、 
本当の「自分は何者」の自覚が出てくると、 
響き方、説得力はもちろん、 
価格も自然に上げる事ができるようになります。
 
これから仕組みを作られる方も、 
既にビジネスが回っている方も、
 
「自分は何によって覚えられたいのか?」
 
「それをどうやってコトバにしていくのか?」
 
は、永遠のテーマです。
 
集客やセールスの強化、 
また、コーチングスキルなどを高める事は 
とても大事な事ですが、
 
このような自分への問いかけやコトバ化も 
同じくらい、
それ以上に大事な事です。
 
 売れていく人は、 
しっかりと「時間」と「お金」と「労力」をかけて、 
表し方を考えています。
 
更に自分らしく売れたいのなら、 
ここにかける「時間」「お金」「労力」は惜しまずに、 
自己投資しましょう。
 
その方が、結果的に、遠くに行けます。
 
以上。

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload