© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

次に進む

10.01.2020

「あの人のように、

 堂々と人前で話せたらいいな」

 

「もっと人付き合いが 

 上手になりたいな」

 

こんな望みを持っている人が多いでしょう。

 

と同時に、

 

「私は人前でうまく話せない」

「私は協調性に欠ける」

 

といった、

出来ない自分を無意識に感じているかもしれません。

 

いわゆる、

アクセルとブレーキを一緒に踏んでいる状態です。

 

こういうのは頭(顕在意識)では分かっていても、

体(潜在意識)が動かない、

と言うのと一緒です。

 

 

そして当然、顕在意識よりも、

潜在意識の方が、

遥かに力があるので、

こうだと次へは進めません。

 

ところが多くの人は、

この潜在意識(=心の底で思っていること)を気づかないようにしています。

 

そして、

進めないと言いつつ、

なんだかんだ言って、

安全な「今」の場所にいる。

 

実は、

今の生活も悪くはないわけです。

 

気心の知れた仲間と愚痴を言い合うのも、

慣れ切った生活パターンに安住するのも、

人前で話す緊張をせずに済むのも、

皆、あなたにとって「悪くはない」のです。

 

それで、相変わらずの日々が続く。

 

それで良いならともかく、

今の状況が、

本気で嫌だとしたら、

今後、どうしますか?

 

何かを始めなければいけません。

 

まず、先のように、

 

「何かをしないことで、手に入れているものや避けているもの」

 

に、ちゃんと向き合うことが

大事だと思います。

 

自分を露出しない代わりに手に入れている、

恥をかかずに済むという安心、

 

売り込みをしない代わりに手に入れている、

人から嫌われずに済むという安心、

 

自分の独自性を創らない代わりに

手に入れている、

考えずに済むという安心。

 

こういう心地よいブレーキを外さねばならないんです。

 

 

そんなの分かっていると言われそうです。

 

でももし、

これからあなたが、

何かの夢を実現したいのなら、

その夢のマイナスも考えねばならないんです。

 

例えば、あなたが、

年収ン千万の売れっ子作家になりたい

とします。

 

そりゃ、嬉しいです。

 

本が売れたら、

自己重要感は最高になるだろうし、

色々な人から先生と呼ばれるだろうし、

講演に引っ張りだこになるかもしれません。

 

でも、同時に、

忙しくて息つく暇もなくなるだろうし、

次の本が売れるかというプレッシャーも増えるだろうし、

書く才能が枯渇したらどうしようと妄想に取り付かれるのかもしれないのです。

 

このように、次に進めば

次のマイナスが必ずあります。

 

すると、どうでしょう?

 

今も次も、

プラスマイナスがあって、

そんなに変わらないんじゃないか?

と思いませんか。

 

つまり、

現実として感じられるから、

プラスだけの夢ではなくなるんです。

 

これが次に進む境目です。

 

今も次も、そんなに変わらない。

 

それで、

どっちにしようかなぁと、

フラットに考えられるようになる事が、

次を「選べる」状態なんです。

 

今の状態のプラスマイナス。

次の状態のプラスマイナス。

 

これを

何度も何度も何度も何度も考えて、

でもやっぱり次を選ぼう!となったら、

今の「安住」は多分、手放せるんです。

 

今の安住を遥かに越えた、

本当の自分になるからなんでしょう。

 

もちろん、急には難しいです。

 

これまで普通に暮らしてきた人が、

明日、1万人の前で、

コーチングについて講演せよと言われたら、

困ります。

 

だから、

今と次のプラスマイナスを吟味して、

次を選ぶと決めたら、

少しずつ入れ替えていくのです。

 

1万人を前にした講演がムリなら、

3人でいいじゃないですか。

 

フェイスブックの発言が怖いなら、

いいね!から始めれば良い。

 

飛び込み営業が怖いなら、完全無欠のファンレターを作るところから始める。

 

そうやって、

少しずつ、

「次」のマイナスを予行演習し、

体を慣らしていくんです。

 

すると、

これまで憧れだったことが、

すごく現実的になってきます。

 

謙虚だし、地に足が着いているし。

 

あなたが素敵のまま、

次のあなたになるんです。

 

そして多分、

実はそれが一番、

次に進む自然な方法なんですね。

 

是非、

次に進むために、

今のプラマイ、次のプラマイを考えた上で、

選択してください。

 

それで選択したら、

具体的な方法を吸収してください。

 

以上。

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload