© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

手放す

10.01.2020

本当に欲しいモノを手に入れるには、

執着を手放せ、

と言います。

 

多分、多くの人が、

多かれ少なかれ、

これを実感として感じていると思います。

 

彼女/彼氏をつくるのを諦めた時に出会いがやって来た。

 

就きたい仕事について考えるのを止めた途端、

チャンスがやって来た。

 

集客ばかり考えるのに疲れて、

もういいや!と思ったら、

スムーズに人が集まった。

 

特に、自分だけの努力では

どうしようもない、

相手があって成り立つものは、

この傾向が強いです。

 

流れを整理してみると、

 

・こんな事が良いという想いを明確にした

 ↓

・周りに働きかけた

 ↓

・それ自体を忘れた(手放した)

 ↓

・何も考えずに素直に受け取った

 

という流れです。

 

この順序は、

きっと正しいです。

あちこちで、

同じような事を聞くし、

自分の経験でもこうでしたから。

 

それで私は、

この手放すは、

昔から本を読んで知っていたのですが、

中々、体で分かりませんでした。

 

何かが欲しくてたまらないから、

手放せと言われても、

どうして良いのか分からない。

 

気づいたら、そればかり考えている。

 

執着なんです。

 

手放すと叶うというけど、

どう手放してよいか分からなかった。

 

でも、こうやって振返ると、

手放すことは、実はシンプルです。

 

それは、例えば、

 

・寝る

・他の事で忙しくなる

・その願いとは関係ない事をやる

 

で、十分なんです。

 

それで簡単に忘れられますから。

 

何か欲しい気づきやアイデアを得るのも、

こんな感じで起こると思っています。

 

・明確にする

 ↓

・働きかける

 ↓

・手放す

 ↓

・受け取る

 

です。

 

そうです、

アイデアは思いつくように見えて、

実は、外からやって来るものを

受け取っているんです。

 

この受け取る感覚が、

もしかしたら難しいのかもしれません。

 

また、私の欲しい仕事を手に入れたとか、

生涯の伴侶に出会うとか、

人生のターニングポイントとなる事は、

きっと少し、時間がかかります。

 

でも、

このアイデアとか気づきを得るといった日常の小さなことなら、

どんどん出来ます。

 

それで、こういう小さな事に慣れると、

大きな事に対しても、

 

「明確化→働きかけ→手放し→受け入れる」が、

 

段々、出来るようになって、

物事が叶う自分になります。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload