© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

成功

10.01.2020

こうして毎日コラムを書いていて、

私が何か凄い知恵を編み出した、

という事はあまりありません。

 

皆、

どこかで言われて来た事だし、

考えてみれば当たり前の事が多いです。

 

もちろん、

私も何かを学ぶ時、

結局は、

どこかで言われている事だったというケースがほとんどです。

 

同じように皆様が何かインプットする時、

それはどこかで言われてきたものばかりのはずです。

 

皆様だけでなく、

今、活躍している人も、

皆、先人たちが伝えた事を

皆様と同じように吸収しただけです。

 

では、

同じような情報とか法則に接して、

どうしてうまく行く人と行かない人の差ができるんでしょうか。

 

もし、皆様が、

「あ!これは中々良い事が書いてある!」

という本に触れたら、

その後、どうしますか?

 

「あ~、面白い本だった!」

と満足ですか?

 

「でも、うまいこと言って、本当なのかな~?」

と、その疑いを晴らそうとしますか?

 

それとも、

すぐ自分の仕事に取り入れて、

結果を確かめますか?

 

あ~面白かった!というのは、

知識として知ったというレベルです。

 

本当かな?と何かを調べるとしたら、知識を人に言える位に自分に落とし込むレベルです。

 

そして、

自分の仕事に取り入れて、

うまく行く体験をするというのは、

体で分かるレベルです。

 

今の時代、

接する情報はほとんど一緒。

何かの法則も昔から誰かが言ってきた事ばかり。

 

そしたら、

何かを知っている/知らないで差がつく、

という事は、

実はほとんどありません。

 

それは、

何かを知ったら、

それを自分に取り入れて

うまく行く体験までやるかどうかです。

 

最初は、自分だけでやろうとする。

 

すると途中で、

自分だけではどうも難しいという事に気づく。

 

そう思ったら、

よし!と思って、

セッションやセミナーに申し込む。

 

すると、

読むだけでは分からなかった、

勘どころとか、

自分の状況に応じたコツが

段々、分かってくる。

 

更には、

それを取り入れて試行錯誤して、

誰かから改善ポイントを教えてもらって、

段々、体で分かるようになってくる。

 

そういう深いレベルまでやった人が、

最終的にうまく行きます。

 

でも、そういう人は1%もいないです。

 

そして、

その1%の人というのは、

知識を経験に変えて、

その経験談とかノウハウを

周りに伝えていく。

 

当然、

マネされたりするわけですが、

その間に、1%の人は、

更に新しい事を取り入れていくわけです。

 

このようにして、

どんどん差が開いていきます。

 

もし皆様が、

1%になりたいのだったら、

やはり、良いと思う事を取り入れて、

すぐにテストすることです。

 

一人で躊躇していても、

時間はどんどん過ぎていってしまいます。

 

「あ~、こういう事ね」とか、

 

「まぁ、これでうまく行ったらいいよね」

 

で終わらせずに、

実際に、自分で手を動かすことなんです。

 

知識とか勉強とか、

頭だけで分かるレベルなんて、

たかが知れています。

 

でも、

聞き惚れるピアノの演奏とか、

遠くに飛ばすバッティングは、

普通は中々出来ないです。

 

なぜかというと、

それが体で分かるレベルだからです。

 

コンセプトをつくって、

商品をつくって、

それで段々、

ファンが増えていくのも、

こういう楽器とかスポーツのコツと同じです。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload