© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

得意技

10.01.2020

皆様は、

ご自身の“得意技”を意識していますか?

 

強みや才能といったようにざっくり捉えるより、

もっと細かく考えてください。

 

例えば、

「アイデア」「図解化」「才能発掘」「スケジューリング」などです。

 

こういったスキルは、

皆様を特徴づけるものとしてとても大事ですが、

それをカタチにして行く時、

「性格」が非常に重要だと思っています。

 

性分といってもいいです。

 

例えば、Aさんは、

とても社交的で、新しい事にどんどん挑戦します。

資格も沢山あるし、人前でも臆せず話せる。

 

ところが、一向にコンセプトが定まりません。

 

ある時は、

「私は○○(肩書)です」と言って、

どんどん発信しますが、

しばらく経つと、今度は、

「私は××(肩書)になりました」と言って、

またどんどん発信します。

 

これを周期的に繰り返すので、

結局、何をやっているのかよくわかりません。

 

また、別の人は、

どうしても高い値段をつけられないし、

動き回り過ぎて散らかったままの人もいます。

 

やたらと否定ばかりする人がいるかと思えば、

思いつきだけで走りまわる人もいます。

 

 

ビジネスノウハウというものは、

それなりの時間、学習すれば、

誰でも理解できます。

 

でも、

それを実践する時に、

こういう性分が邪魔をして、

モノになるチャンスを自ら逃してしまう事が少なくないです。

 

先の何度もコンセプトを変える人は、

あと1年、それで実績を積めば、

新しい展開を手に入れられたのかもしれません。

 

動き回り過ぎて何もカタチにならない人は、

1年だけはその衝動を我慢して、

つくり込みに徹すれば、

その行動力がそのまま大きなキャッシュに

つながっていたはずです。

 

よく、弱みより強みに集中しろ、

と言われますが、

 

・ビジネスの土台

・スポーツの基礎練習

 

は、「苦手」「向いていない」は通用しません。

 

逆に言うと、

こういう基礎をしっかりするからこそ、

強みが更に輝くし、

冒頭の「得意技」も際立ってくるんです。

 

ちゃんとビジネスとして回っている人は、

この基礎を外している人は一人もいないです。

 

そして、皆、

それぞれの性格や得意技を自覚して、

この基礎の上に独自のサービスやシステムとして成り立たせているんです。

 

だから、

「私は文章が苦手」とか、

「私は何事も続かない」とか、

そういう基礎から逃げていては、

得意技を乗せる所ができないままなんです。

 

もし、皆様が、

これを読んでハッとしたなら、

じっくり腰を据えて、

基盤に必要なテコ入れをした方がこれからのためだと思います。

 

「やる時はやる!」という気合いは、

やはり大事です。

 

そんな気合いを覚まさないために、

「わたしの計画とは何か?」を

考えてみましょう。

 

そこから未来が始まります。

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload