© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

変化

10.01.2020

身の回りのモノ、人、仕事などが、

サーッと離れてしまう事は、

経験ないですか?

 

自分が変わろうと決めると、

本当に慣れ親しんできた事が、

無くなります。

 

そして次は、

「あ、そろそろ、そういう波が来たぞ」

と、身構える事ができます。

不安の中でも道が拓ける、

不思議な確信を持つ事ができます。

 

独立などは、最たる例ですが、

次に移行したいと思う一方で、

今の状況にこだわったり、

これまでの事を守ろうとしている事はないですか?

 

独立しようとしているのに、

会社のやり方に腹が立ったり、

もっとこうすればよいのにと思うのもこだわりです。

 

また、

あの人のやり方は違うと言いながら、

そのやり方が気になるのも同じです。

 

こういう意識でいると、

先のような縁切れは、中々、起こりません。

 

成長はしたいけど、

縁切れと言われると、イヤなんでしょうが。

 

一人は怖いし、嫌われたくないし。

 

でも、縁切れが起こらないのなら、

次の成長段階の準備はできていないという事です。

 

本当に次に行きたいのなら、

まず、そこからやらないといけないんです。

 

逆に、

そう思っていないはずなのに、

周りがどんどん離れていくようなら、

今度は、深い意識に向き合うタイミングです。

 

もし、顧客が離れてしまう、

今までうまく行ったパターンが通用しない、

という事が起こっているとしたら、

 

あなたの深い意識は、

「もう済んだ。次へ行こう」

と思っているはずなんです。

 

派手な一度目の変化のように、

変化している自分に気づけていなのです。

 

私もこんな事を書いておいて何ですが、

自分が深い所で考えている事って、

中々、自分では気づけません。

 

そういう時は、やっぱり、

起こっている現象から

自分の深い意志を読み解く事です。

 

いずれにしても、

本当に変わりたいのなら、

深い意識と現実の双方をしっかりと見張る事です。

 

そして、変化の兆しがわかったら、

小さく行動して「作業興奮」をつくるんです。

 

ブログで書き始めたら、

結局、最後まで書きたくなっちゃった、

というような状態を自らつくって、

行動を大きくしていくんです。

 

すると、きっと、

あなたが本当に望む変化の波に

乗れると思います。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload