© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

土台

10.01.2020

突然ですが、

こんな気持ちになった事はありませんか?

 

「何だ、そのやり方。

 もっとこうすればいい」

 

「なぜ、そんな事が楽しいの?

 私、理解できません」

 

ちょっと、

調子が良い事が続いたりすると、

人は、

こんな気持ちを抱きがちです。

 

なぜか、他人を批判したくなる。

でも実は、そこに分かってもらいたい、

という隠れた目的がある。

 

そういう時は、

それは皆様の課題です。

 

誰かを批判したくなる時は、

誰かのやり方が、

自分は出来なくて、

そんな自分を正当化したいのかもしれません。

 

動けないお客様に目が行く時も、

そこにもっと掘り下げるべき事があるという課題です。

 

批判したくなる感情を、

一呼吸置いて、

客観視すると、

気づかなかった自分の想いがある事に気づきます。

 

ところで、

「人を見てイライラする時はどんな時?」

という質問があります。

 

これはまさに、

この批判したくなるような気持ちと同じです。

 

何で、こんな事が出来ないの?

何で、いつもそうなるわけ?

 

そのように思うというのは、

皆様が、

それを難なくこなす才能があるから、

そうでない状況にイライラするわけです。

 

誰かのやり方が疑問なのは、

皆様のやり方が新しいものなのに、

それを信じて進めない課題を突き付けられているのかもしれません。

 

動けないお客様がそこにいるのは、

その才能があなたにあるという証明なのにそれを受け入れられない

皆様の課題なのかもしれないのです。

 

まさに、

このような人に対して抱く感情は、

自分の心の鏡です。

 

日頃、

人と接していれば、

どこかで必ずこんな気持ちになるものです。

 

でも、

その一つひとつが、

成長の機会です。

 

批判、

イライラは、

才能の証明と次の課題です。

 

そんなマインドが土台になります。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload