© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

プロフィール

26.07.2019

プロフィールが大事という話は、

あちこちで耳にすると思います。

 

でも、

多くの人が自分の強みをシンプルに表現し、

自分のサービスを的確に表し、

出会いたいお客様から選ばれるためのプロフィールになっていません。

 

プロフィールは、

例えば、

誰かが仮に皆様が書いていると仮定してブログを見つけたら、

必ず次に見に行くものですから、

ここでしっかりと書けていないと、

読者はその人に魅力を感じません。

 

すると、どうなるかというと、

 

「印象に残らない」という

レッテルを貼られて、

いくら記事を書いても

読者の頭からこぼれる事になります。

 

もったいないです。

 

これは、

面接や普段の会話も同じです。

 

もしかしたら、

その読者が、

これからお客様になるかもしれないのに、

ここで早くも脱落です。

 

こんな事にならないよう、

プロフィールはしっかりと創りたいものです。

 

と言いつつ、

プロフィールはそう簡単にできるものではありません。

 

プロフィールには、

選ばれるための文章構造とか言い回しのコツがありますし、

 

それ以前に、

どんな人に向けて書いて、

どんな自分の強みを打ち出して

書けば良いか?が

中々、分からないからです。

 

それでお気づきかと思いますが、

この「どんな人に?」「どんな強みで?」が

 皆様のコンセプトです。

 

そうです。

コンセプトとプロフィールは、

例えば、

皆様をギフトボックスとしたら、

その箱のラベルと中身というわけです。

 

このラベルと中身って、

何にでも当てはまります。

 

例えば、

ブログ記事→中身、

記事タイトル→ラベル、

商品→中身、

商品タイトル→ラベル、

あなたの活動→中身、

コンセプト→ラベル,etc。

などです。

 

自分が商品となるビジネスでは、

まずプロフィールを整備しますが、

この時、

この「ラベルと中身」が頭に入っていると、

プロフィールを創りながら、

説得力のあるコンセプトや色々な商品アイデアが出てきます。

 

これは例えば、

ビジネスマン向けにプロフィールを創る時、

 

“「1分で伝わるプレゼン図解チャート術」を開発し、

 多くのビジネスマンから好評“

とか、

 

子供に良い生活習慣をつけたいママ向けのプロフィールで、

 

“「子供の集中力が3倍になる勇気づけ50フレーズ」で

 子供の成績が○にUPしたという声が寄せられる“

とかです。

 

このポイントは、

皆様の技や、

みあが自然にできる事を、

「」で括ってタイトルを付ける。

という事です。

 

ダラダラと冗長になってしまう言葉を、

このような「」でネーミングをすると、

皆様のプロフィールがプロに見えるようになるし、

今後の商品開発、人付き合いが、

断然やりやすくなるのです。

 

自分のプロフィールが、

どうもパッとしないとお悩みの方は、

是非、

あれこれと「タイトル化」をやってみてください。

 

また特に、

このタイトル化は、

商品設計と同時にやると、

 

商品もプロフィールもコンセプトも

一気に輪郭が見えるので、

作業効率が良いです。

 

何かを考えるのにも、

このような「思考の段取り」が大事です。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload