© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

やれる事

24.07.2019

「やりたい事」と「やれる事」が

違うというのは、

よくあるケースです。

 

皆様も、

例えば、

スクールに通うなどして資格を取ったと思いますが、

 

そこで多くの人が、

これからは対人支援をしたいと、

一生懸命学びます。

 

同じ釜の飯を食うではないですが、

同じ志がある人と一緒だと、

皆様の価値観は大きく影響を受けます。

 

特に、今の会社を辞めて、

独立しようと思うと、

 

会社でやった仕事は「やれる」のにやりたくなくなり、

独立してすることは「やりたい」になります。

 

では、ここで質問です。

 

あなたが誰かにお金を払っても助けて欲しい、

お金を払ってでも教えて欲しいと思う時、

 

コーチなどの仕事をやりたい!という人と、

既に1000人のセッション実績がある人と、

どちらにお金を払いますか?

 

後者ですね。

 

そうじゃない人もいるかもしれませんが、

大体、そのはずです。私もそうします。

 

なぜかと言うと、

人は、あなたの「やれる事」に

お金を払うからです。

 

こは、当然の事なのですが、

スクール等に行くと、

仲間達との熱い想いに影響されて、

何とか「やりたい事を実現しよう!」となります。

 

そして、多くの人が

これで中々、うまく行きません。

 

せっかくお金を払って学んでいるのに、

うまく行かないと困惑されたかもしれません。

 

でも、

皆様が会社などでやってきた事は、

すごい経験なんです。

 

会社の中では当たり前でも、

一歩、外へ出れば、

それを欲する人はすごくいます。

 

皆様が、

ずっと営業をやっていたら、

クロージングに悩んでいる人は、

すごく相談したいはずです。

 

また、

ずっと事務をやっていたら、

目の前の仕事が散らかってしまう人は、

どうしてそんなに効率良く仕事ができるのか

不思議でたまらないはずです。

 

こういう事に気づけないのは、

スクールの仲間など

常識で物事を考えてしまうからです。

 

でも、一歩、外に出ると、

皆様が思っている常識なんて、

全く関係ありません。

 

皆様は、

何ができて、私にどんな良い事があるの?

という目で見られるんです。

 

そして、この何ができて、

どんなお客様にどんな良い事をしてあげられるか?

がコンセプトになるのです。

 

やりたい事はですね、

まず、誰かの期待に応えて、

それでお金を稼いでからでも

十分出来ます。

 

また、

そこまで「やりたい」と「やれる」を分けなくても、

これまでの経験に習った事を少し加えると、

もうやりたくないと思ったものも、

新しい喜びとなって返ってくるんです。

 

なので、是非、これまでに培ったものを

大事にしてください。

 

売れ続ける仕組みをつくるのは、

すごくパワーが要るし、

時間もかかるので、

近道を行きたいのなら、

やれる事を前面に押し出す事です。

 

それでも、どうしても、やりたい事を選びたいのなら、

周りの3倍速で実績を積み上げましょう。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload