© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ジョハリの窓

12.07.2019

ジョハリの窓とは、

対人関係における気づきのフレームの事です。

 

・自分にも他人にもわかっている開放の窓

 

・自分はわかって他人にはわからない秘密の窓

 

・自分は気づかず他人にはわかる盲点の窓

 

・自分にも他人にもわからない未知の窓

 

の事を言います。

 

このフレームは対人関係だけでなく、

色々な事に使えます。

 

提案する時は、

なるべく相手の盲点を狙います。

 

なぜかと言うと、

 

開放の窓では当たり前(=つまらん企画)

秘密の窓では警戒される(なぜ、知ってるの?怪しい)

未知の窓ではぶっ飛び過ぎ(=使えない企画)

と思われるからです。

 

お客様は、常に、

自分/自社の強みを捉え直してもらいたいもので、

また、

自分/自社の強みならすぐに使えます。

だから、

盲点の窓は採用しやすいわけです。

 

コーチングやコンサルティングも、

同じです。

 

「私って、そうなのかぁ!!」

と盲点を突かれたら、

嬉しいからです。

 

また、

ブログなどの記事も同じです。

 

当たり前と思っている事を

新たな角度で言われると、

 

「お!なるほど」

 

「そういう考え方があったか!」

 

となって、

読者はとても興味を持ってくれます。

 

盲点は、これほど、

相手にインパクトを与えるものです。

 

では、未知の窓は、

何でしょう?

 

これは、人の無意識を表しています。

 

よく、

「その人がどんな人かを知りたいなら、

集まる人を見るとわかる」

と言われますが、

 

その人の無意識が現実を引寄せるという事と符合します。

 

という事は、

自分の無意識の中身を知りたい時は、

現実を見れば良いという事です。

 

ビジネスで成功したい!と言っていても、

現実は、

部屋の本は心理学の本ばかりだった。

 

お金をいっぱい貯めたい!と言っていても、

現実は、

バーゲンで衝動買いした服ばかりだった。

 

作家になりたい!と言っていても、

現実は、

作家になるノウハウばかり集めている。

 

こうして、

皆様の無意識は現実に現れます。

 

なので、

皆様が本当に、

ビジネスで成功したいのなら、

とにかくビジネスをやってみる事だし、

 

お金を貯めたいのなら、

投資などの研究を始める事です。

 

作家になりたいのなら、

今すぐ文章を書く事です。

 

多くの人がこうして、

自分の本当の望み(=無意識)をはき違えているわけです。

 

変えたいのなら、

まず、

そういう現実を受け入れる事からです。

 

お金がそれほど欲しいと思わない自分。

 

ファンに囲まれるより、

静かにコツコツと創作をしたい自分。

 

コーチングで誰かを助けるより、

自分を助けて欲しい自分。

 

それをまず受け入れると、

素直になれます。

 

というか、ラクになるはずです。

 

素直にラクになって、

自分らしさを認めたら、

次に行けます。

 

皆様が、

本当の皆様を受け入れるから、

サイドブレーキが外れるんです。

 

そうやって、

自分の現実を受け入れるように物事を見て行きましょう。

 

それが一見、

遠回りに見えたとしても、

後から早道だったという事に気づくはずです。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload