© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

一流は頑張らない

30.06.2019

本田選手のニュース記事からです。

 

普通の人は、

結果が出ないと、

現状を否定し、

どこかに正しい解があると思い込むが、

 

超一流選手は、

今はダメとか間違っているとは考えないです。

 

超一流選手がやる事は、

「焦らずにコツコツ」。

ただそれだけ。

 

本田選手や他の超一流選手は、

皆、こういう調子だったらしいです。

 

また、

こうも言っています。

それは、

超一流になり切れない人は、

ある時は頑張り過ぎ、

またある時は頑張れなかったりと

不安定だ。

 

プロのギャンブラーも、

コツコツと確率をベースに、

地道にやり続ける。

 

大股で進むと、

次の二歩目は苦しくなる。

 

結果が出ない時に「頑張らない」というのは、

うまくいかないからと言って、

ガーっとやるんじゃなくて、

日頃からコツコツやれよ、

という事なんですね。

 

そして、

少しうまくいかないと、

「ああ、もうダメだ。やめた」となるのは、

ビジネスでも同じで、

これでは、

いつまで経っても形になりません。

 

ブログ読者が1000人になったとしても、

頑張って商品を形にしたとしても、

初仕事がうまく行ったとしても、

 

その後も安定軌道に乗せるには、

やはりどこまで行ってもコツコツなのです。

 

こう言うと、

「継続は力なり」と言って、

もう、耳タコと思うかもしれませんが、

結局、

これが最短距離です。

 

もちろん、

私だって

不安定になるし、

ビビるし、

うまくいかない事は沢山あります。

 

でも、

感覚的に分かったんです。

 

「あ、こんなに精神的に凹んだら、

 普通ならここで手を止めるな」

 

「でも、ここで止めない所が

 きっと分かれ道なんだろうな」

 

こう思ったので、

 

・酒に酔っても、

・安定剤を飲んでも、

 

続けたわけです。

 

これをやったから、

少しは精神が成熟したし、

この人はうまくいくだろうな、

というのもわかって来ました。

 

また、

こういう続ける事そのものが、

ブランドになるんです。

 

もちろん私は、

本田選手とは

月とスッポンかもしれませんが、

続けている人だから会いたいと言ってくれる人がいます。

 

コツコツ続けた人だけが、

ご飯を食べています。

 

本田選手や他の一流サッカー選手も、

イチロー選手も、

エジソンも、

吉田松陰も、

活躍している起業家も、

皆、口を揃えて言うのですから、

これが真実であり、

原理です。

 

この世の中、

溢れるようにこういう成功法則があるのですから、

あとは、

日頃に応用する事だけです。

 

最後の締め括りに、

彼らが続けることができたのは、

『毎日、たった5分のストレッチを続けることの意義』。

つまり『なぜやるのか』を理解していたからです。

 

個人のビジネスでも、

例えば、

 

・なぜ日々、ブログを書く必要があるのか?

 

・なぜバックエンドが必要なのか?

 

・なぜメルマガをやった方が良いのか?

 

の意義をしっかり理解するほど、

続けられるという事です。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload