© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

4C

05.06.2019

例えば、

テニスで勝つためには、

4つのCが大切だということが言われています。

 

Condition

コンディション(体調)

 

Control

コントロール(制御・制球)

 

Concentration

コンセントレーション(集中力)

 

Confidence

コンフィデンス(自信)

 

大坂なおみ選手は、

自身のメンタルを『3歳児』と表現します。

 

精神状態は明らかに体の状態に出ます。

 

この4Cは、

試合前の場合には、

体調管理、制球のための練習など、

それぞれを整えながら、

培っていくことが重要です。

 

ですが、

試合時には4Cの下から順に連動していきます。

 

上手くいかないことが続き、

『コンフィデンス(自信)』を見失うと、

『集中力』が鈍ってきます。

 

集中力が鈍れば、

『制球』が鈍り、

『体』も重く感じてきます。

 

大坂選手が、

自分のメンタルを3歳児と表現してますが、

私達もみんなそうだと思います。

 

その中で、

自分を見つめて、

自分をコントロールして、

自信に満ち溢れる自分を作り出せるかです。

 

心に魔が差すと言いますが、

その悪魔の正体とは、

『恐怖心』です。

 

負けるかもしれない。

 

そんな恐怖心に打ち勝ち、

本来の自分に立ち返るのも『心の技術』が必要です。

 

そして、

『自分ならやれる』という、

高いセルフイメージをどれだけ作っていけるかが重要です。

 

それはやはり過去の経験、練習などでベースが作られます。

 

私達も普段から、

セルフイメージを高めていきたいです。

 

『これだけのことをやってるんだから!

(負けるはずがない)』と、

自分自身で想えることで、

セルフイメージは高まり、

自信がついて行きます。

 

『コンディション(体調管理)』

 

『コントロール(正確さ)』

 

『コンセントレーション(今への集中力)』

 

『コンフィデンス(出来る!という自信)』

 

このテニスの4Cは、

自分自身のライフワークに置き換えても、

言えてきます。

 

他のスポーツはもとより、

いろんなものにも応用が利く『4C』です。

 

『○○の4C』として、

自分で応用してみるような思考をしてみて下さい。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload