© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

論語

25.05.2019

孔子は儒教の創始者です。

 

儒教は仏教と共に日本に入って、

日本文化に影響を与えてきました。

 

儒教や仏教は、

宗教ではありますが、

東洋の誇る哲学体系でもあります。

 

東洋では、

それぞれ創始者と呼ばれる人の哲学が基本にあって、

そこに賛同する形で人が集まり、

宗教っぽくなっていった経緯があります。

 

一方で、

西洋は理性を重んじて、

神などの不確定なものは極力排除したので、

宗教と学問の住み分けが作られていきました。

 

ですが、

東洋は面白いもので、

神や天、

空や宇宙、

魂などの感覚的に捉えられるものを大切に考えていきました。

 

いってみれば、

西洋は理性重視、男性性重視、

東洋は感性重視、女性性重視、

と見ることも出来ます。

 

そんな東洋哲学の大家である孔子の教えと言えば

『論語』です。

 

その中で、

おそらく一番有名な言葉が、

孔子が考える人生のステージについての言葉でしょう。

 

-・-・-・-・-

 

『子曰く、吾 十有五にして学に志す。

三十にして立つ。

四十にして惑わず。

五十にして天命を知る。

六十にして耳順う。

七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず。』

 

分かりやすくいうと、

 

孔子は言った。

「私は十五歳のとき学問に志を立てた。

三十歳になって、

その基礎ができて自立できるようになった。

四十歳になると、

心に迷うことがなくなった。

五十歳になって、

天が自分に与えた使命が自覚できた。

六十歳になると、

人の言うことがなんでもすなおに理解できるようになった。

七十歳になると、

自分のしたいと思うことをそのままやっても、

人の道を踏みはずすことがなくなった」

 

です。

 

-・-・-・-・-

 

学ぶことが珍しく、

意欲的でなければ学べない時代、

こんな人生の進み方で成長していくのかもしれません。

 

この孔子の言う、

学問を志して励む時期を『青春』

 

自立し迷うことがなく進める状態になる30代40代を『朱夏』

 

使命を感じ、

誰の言葉も深く聞き入れるほど

大きくステージを上げる5、60代を『白秋』

 

そして自分に魂に従って道を行く時期を『玄冬』と、

 

春夏秋冬になぞらえて、

人の歩みを表しています。

 

ですが、

私の感覚では、

逆に魂の道から逆算するような学びが出来れば、

何歳からでも同時進行で進められると思っています。

 

それを『ライフワークの創造』という形で見ています。

 

とくに、

人生経験が長ければ長い程、

ストックされている情報量があるので、

要点を押さえながら組み上げられると早いです。

天命を知るところまであっという間な感じです。

あなたは、

孔子のいう年齢とステージ感を

どう感じますか?

 

ご参考にしてみてください。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload