© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

二極化2

25.05.2019

二極化1は、

日本の経済的状況から、

『自分から学び実践する人』と、

『国のせい、他人のせいにしていく人』とでの世界が開いていくということについてお送りしました。

 

これによってさまざまな二極化が付随して起こっていきます。

 

『自分で収入の流れを作れる人』と『常に会社に依存する人』

『前を向いて進もうとする人』と『愚痴ばかりになる人』

『夢を描いてワクワクする人』と『人生の絶望感を感じる人』

『収入を上げていくことが出来る人』と『ジリ貧になっていく人』

『運が良いと感じる人』と『運が悪いと感じる人』

 

宇宙の流れ(宇宙の法則)的にも、

統合と分離は繰り返されながら絶えず動いていきます。

 

小さく見れば、

同じような人が固まっていくので、

実際にはあまり二極化を感じないかもしれません。

 

ですが、

極が分かれていくということは、

移動がどんどん難しくなるということです。

 

そんな時代に向かうとしても、

学び方によってはスムーズな移動も可能です。

 

その学び方も二極化しています。

 

一つが、

『短期的欲求を満たす学び』です。

お金の稼ぎ方は典型的ですね。

今の人生においての、

痛みや不満足がある部分だけを見て、

どうにかしようとするような学び方です。

 

もう一つが、

『自分を知る学び』です。

自分とはどういう存在なのかを根本的に見ていけるような学び方です。

 

自分を知り、

人生の歩みを知り、

今の学びをどう繋げていくのかが、

分かっていて学ぶと色んなことの吸収率は変わります。

 

例えば、

同じ英語を学ぶにしても、

成長率が大きく変わると感じています。

 

ですから、

まずは自分の内面を見ていくことが大切だと思っています。

 

そんな『学びと実践』をしていく人は、

どんどん自分への信頼が増して、

自信がついていきます。

 

『どんな世界になろうとも、別に大丈夫だ』と思えるようになります。

 

それは、

『自分はこんなことを想っていて、

それについて自分にはこんなことができて、

みんなにこんなことが提供できる』と、

分かっているからです。

 

そして、

それがどんどん膨らんで、

洗練されて、

成長していくのも実感できているからです。

 

まさに、

精神的に見れば、

『自信を持って生きている人』と『自信が無い人』との二極化も進んでいって、

自信がある人は、

なぜあの人は自信が無いのか分からず、

自信が無い人は、

なぜあの人はあんなに自信に満ち溢れていられるのかが、

わからないという状況に離れていきます。

 

平成は、

なんとか平らに成るよう頑張ってきたけど、

いよいよ分離する力の方が大きく働くことでしょう。

 

今まさに色んな分野で『本当の自分』を知ることの大切さが言われています。

 

今のうちに動く方がまだ移動しやすいので、

自分はどのような生き方がしたいのかに目を向けることが、

時代に求められることなんじゃないかと感じています。

 

二極化の動きや世界観でした。

 

やるかやらないかの実力社会。

やることは、

自分とつながっているかがポイントとなります。

 

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload