© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

移動することは大きな飛躍

20.05.2019

昔から説法を聞いてくださっている方々は、

覚えていてくださっているだろうお話しです。

 

『ヤマメ』という川魚をご存知でしょうか?

 

『渓流の女王』と呼ばれる20cmほどの美しい魚です。

 

この女王の一生がとても学びになります。

 

このヤマメは、

水の綺麗な川の上流で産卵します。

 

ですが、

川幅も狭い上流では食べ物も限られています。

 

ここに留まって大きくなるためには、

生存競争に勝っていかなければなりません。

 

ここでの生存競争は、

体の大きな個体、

泳ぎの機敏な個体などがやはり有利になって、

 

なかには、

『落ちこぼれ』が出てきます。

 

強い個体は、

そこでの自分の場を勝ち取り、

成長していきます。

 

ですが、

どうしてもエサにもありつけない『落ちこぼれ』は、

ある時、

川を下ろうと決意します。

 

そして海に出ていくのです。

 

もちろん、

海に出るのは、

川に留まるよりも危険がはらむ大冒険です。

 

ですが、

この冒険に挑んだ落ちこぼれの女王達は、

なんと、

数年後生まれた川に戻ってきます。

 

その姿は、

なんと3倍以上60cmを超える大きな体、

重さでは100倍上にまで育ち、

 

白銀のドレスをまとって、

悠々と舞い戻ってきます。

 

その名は『サクラマス』という、

全く違う魚のような風貌へと成長します。

 

この物語を思い出す度に、

学びを感じます。

 

今いる場所が、

自分に合わないと思っていたり、

ここでは落ちこぼれだと思っていたとしても、

 

『場を変える決意』と共に冒険へ踏み出すと、

とんでもなく成長する可能性があることを、

ヤマメとサクラマスの一生から感じます。

 

その場で必死になることも素晴らしいことですが、

 

どうしたって無理だと思う時に、

“場を変える自由さ”と、

“自分が美しく大きく成長できる場がある

という自分自身への信頼”を持っていれば、

 

いずれそんな場に出会えて飛躍していけます。

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload