© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

奪い合いの社会

03.05.2019

資本主義社会は、

競争原理が色濃くある

仕組みです。

 

経済学者アダム・スミスは、

それぞれの欲望のままに自己利益の追求に動けば、

市場も社会も成長し続ける。

 

それはあたかも『見えざる手』によって

動かされているようだ。

 

と言いました。

 

まさに長い歴史の中で、

土地、資源を奪い合ってきた、

目に見える奪い合い『戦争』の主戦場が、

経済活動に移行してきました。

 

資本主義はそろそろ終盤に差し掛かってきているので、

奪い合うという意識は、

どんどん衰えて行きます。

 

ですが、

資本主義社会にいる以上は、

ある側面から見れば、

いつも奪い合いは起こっているともいえます。

 

それが、

『可処分の奪い合い』という考え方です。

 

可処分とは、

自分の判断で自由に使うことのできるものですが、

 

まず、

昭和の時代での主戦場は、

『可処分所得の奪い合い』です。

 

自由に使うお金を何に変えてもらうのか?

 

テレビ、冷蔵庫、洗濯機から、

家、車、

そして、レジャーへと移って行きました。

 

企業は可処分所得を奪い合っていました。

 

いかにお金を使ってもらうか、

という争いです。

 

そこから平成に入り、

レジャーからゲームへ

そしてスマホへ

 

時代は、

『可処分時間の奪い合い』にいるとのことです。

 

現在の時価総額企業ランキングは、

アップル、グーグル、マイクロソフトが並び

時代は、余った時間をどれだけ奪い合うかに

なってきました。

 

実際電車に乗れば、

ほとんどの人がスマホを出して何かしらを見ています。

 

時間は有限ですから、

お金よりも貴重さは上がります。

 

隙間時間でも使ってもらえるようにして、、

いかに余った時間を使ってもらうかが、

今の争いのポイントになっています。

 

『お金を使ってもらう』という意識から、

『時間を使ってもらう』という意識に移行できている企業が伸びています。

 

そして次に来るのが、

『可処分精神の奪い合い』です。

 

時間が有限なゆえに、

さらに振り向ける意識には限界があります。

 

その貴重な意識をどこに使ってもらうかが、

企業間の奪い合いの場に移行しつつあるという見方です。

 

『時間を使ってもらう』という意識から、

いかに『精神を使ってもらうか』が意識できているかが企業としても重要になります。

 

この典型的なものが『宗教』だと言っていましたが、

まさにここに時代は移って行くと思っています。

 

とは言っても、

『宗教的』という意味であって、

別に神様うんぬんではありません。

 

『自分は何を信じるのか?』ということなんです。

 

ライフワークを創るとき、

『自分の想い』が最も重要だということを、

いろんなところでお伝えさせてもらってますが、

 

自分が信じることへの共感が、場(コミュニティー)を作って行くからです。

 

まさに精神的な繋がりが現れます。

 

そんな場がいたるところに出てきます。

 

誰を信じて、

意識を向けることになるのか、

人それぞれ出会える人にも限界がありますし。

 

多神教的な社会になりますが、

まさに、

一人一人が神としてなんらかのことを発する八百万の神文化となって行くと思っています。

 

こうなってくると、

精神的なことにものすごく価値が出ます。

 

資本主義の視点で見れば、

マインドシェアが大きいほどにお金も集まってきます。

 

そして、

それはどんな人にもチャンスがある時代なんです。

 

私達は、

世界でたったひとつの個性豊かな存在ですから、

その人にしかできない考え方があります。

 

それを共感をしてもらえるレベルまで育て上げることで、場が作られます。

 

もちろん、

共感しない人もいるわけで、

 

その人が共感するいろんなコミュニティーを渡り歩いたりして行く中で

経済活動が生まれるというのが、

今後の考え方としては特に重要かと思います。

 

ライフワークを創るというのは、

まさにマインドシェアの時代(可処分精神の奪い合い)の

生き方だと改めて感じた次第です。

 

モノからコトへ、

コトからココロへ、

 

今、

時代は新しい局面に大きく流れ出しているというのを

見ておいていただけたらと思います。

 

ですから、

今のうちから自分の想いから整理して

小さくても自分のライフワークを創っていくという意識があると、

次の時代に合った生き方ができていくと思います。

 

新元号とともに新時代への意識は大きくなると思います。

 

自分の心と人生について考えておいて頂けたらと思います。

 

是非、

ココロについての知識も深めていきましょう。

 

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload