© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

一人ではないという意識が人生を創る

20.04.2019

『自分で自分の人生を創り出していく』

そのための考え方や、

相談できる場として

『心の教育』が重要だと考えています。

 

この自分で人生を創り出していく時、

自分が孤立していると、

なかなかその発想には至れないということがあります。

 

自分は、

全体の一部で、

この全体のために何をしようか、

何をしたらいいか。

 

一昔前までは、

家族、

学校、

会社という、

コミュニティが強固にあって、

大切な家族のために、

一生働く会社のためになど、

 

その集団への強い所属感とともに、

そのコミュニティの中の自分として、

やるべきことも積極性を持って明確化できていました。

 

しかし、

現代は、

そのあたりも希薄になって、

所属感としては薄いものとなっています。

 

ネットでの繋がりもゆるいもので、

自分の人生を積極的に“このために使う”と思えるようなコミュニティへの所属はあまりありません、

 

ただ、

ゆるい繋がりがあるから 笑、

『孤立感』はそんなに感じない時代かもしれません。

 

ですが、

そのゆるさだからこそ、

所属感も薄くなって、

人生への積極性には至れなかったりしますね。

 

積極的にコミュニティへの所属感を感じるほどに、

自分の人生の創造力も上がります。

 

このコミュニティは、

例えば、

『地球人コミュニティ』として

全人類を設定してもいいでしょう。

 

むしろ、

大きな人ほど全人類のことを本気で考えていたりします。

 

自分が世界のためにできること、

それは、

地球人としての仲間と自分を明確に意識で来ているからです。

 

でも、

それほど大きな視点だと何をどうしていいか見えなくなるので、

 

自分が積極的に参加したいと思えるコミュニティに入ることをお勧めします。

 

もちろん、

入るといっても人と馴れ合うということを言いたいのではなく、

 

その思想に共感しているだけで充分です。

 

簡単に言えば、

『このコミュニティのファンです』と言えるだけで良いという感じです。

 

それだけで、

自分のやることが見えたり、

未来への視点が見えてきたりします。

 

そういった、

自分が積極的に関係したい人やコミュニティがなければ、

やっぱり早いのは、

自分で作ることです。

 

ライフワークを探求すれば、

必ず自分を中心としたコミュニティが出来ます。

 

それは、

同時に自分の人生をも創ることになるので

相乗効果がどんどん働きます。

 

人の創造性は、『一人じゃない』ということで、

より発揮されていくということです。

 

まずは、

気になるコミュニティに所属していろいろ吸収しながら、

ヒントを学び、

そしてライフワークを追求しながら、

自分のコミュニティも作っていってほしいです。

 

それがまた更なる、

人生の創造力をもたらしますから。

 

以上。

 

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload