© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ワンネス

06.04.2019

ワンネスをとは、
ニューエイジ系、
スピリチュアルでよく言われる『すべては一つ』という思想です。

 

この世の悩みは『分離』が生んでいるということから、
これからは『統合』へ向かう時代だと言われています。

 

ここは自分のライフワークを考える場合でも
気づきの点を持っていると思います。

 

ワンネスを考える時、
よくこんな例え話で解説されますが、

社会を人間として見立てた場合、

自分は親指、相手は中指だとすると、
『あいつの方が背が高い』
『自分はチビでデブだ』と比べて見ているような状態です。

 

でも、
私達は“手”という共通の社会の中にいます。

 

隣国には、
目立つ顔国や、
よく似ているけど思想が違う脚国、
裏で暗躍する内蔵国などがあります。

 

そこを比べては、
あっちはどうだ、
こっちはどうだとやりあっているようなもの。

 

この分離感が悩みを生むという訳です。

 

でも、
実際は全部が一つになってダイナミックに動いています。

 

もっと小さい、
細胞レベルでみても、
60兆個の細胞がそれぞれ動いていながら、
全体がひとつに動くというのが人体です。

 

同じように、
地球規模、
宇宙規模で見た場合の個人もまたダイナミックな動きの中の

一つにすぎないだろうという
思想体系です。

 

これが、
『ひとつであり、全体である』ということですが、
個人の活躍としてはどうかを見ていきます。

 

私達は、
個人レベルでは、
それぞれがとても興味深い個性があります。

 

その持ち合わせた個性を自然と発揮していくことが、
その全体としての動きにも合っていきます。

 

機能不全な場合は、
新陳代謝により別の場所へ押し出されて行きます。

 

老廃物として人体から排出された場合、
また分解され、
別の場所での活躍を期待されて行きます。

 

そうやってダイナミックな動きの中で、
自分のあるべき場所が見つかったりします。

 

これから、
社会はどんどんグローバル化して、
『移動する力』もどんどん増していきます。

 

そうした場合、
自分の本当に活かせる場所も
もっと見つかりやすくなります。

 

そう行った意味で、
まさにワンネスは加速していきます。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload