© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

ライフワークビジネスの本質

12.03.2019

ビジネスという言葉には、
お金儲けのニュアンスを感じますが、

そもそもを考えると、
ビジネスとは、
『自己表現の場』であり、
『人助けの場』でもあります。

 

自分が自分を成長させ高めることで、
そこで生み出せた価値を提供して、

他の人に喜んでもらえたら、
対価としてお金を貰えます。

 

これだけ、
職業がたくさんある中で、
自分は何を選ぶのか?


そしてその活動を通して、
世界とどう関わるのかによってビジネスが生まれます。

 

自己表現がなく、
やりたいこともなく、
想いもない場合のビジネスは、

肉体と時間だけの価値交換となります。

 

これだけだと、
心身ともにキツイ感じになります。


それは、得た対価を、
体の回復に当てることがメインになるからです。

 

このビジネスサイクルは、

体と時間を提供 → 
対価をもらう →
体(&心)の回復へ使う → 
また提供
というサイクルになります。

 

これは、
元々のスタンスが、
自分からの価値提供ではなく、
“生活のために”という受け身なところからだと

このサイクルにはまり込んでしまいます。

 

ですから、まずは、

1・自分らしく生きる
ということからスタートします。

そして、
2・らしく成長したことで、
誰かの助けになる

3・助けになった分、
対価としてお金を頂ける

4・そのお金でさらなるステップアップ
そして、1へ。

 

4の自己投資により、
より自分らしく生きる世界が開かれていきます。

 

このようにいつまでも、
成長と貢献を繰り返すサイクルがビジネスの姿です。

 

自分らしく生きることが前提だからこそ、
末永く続く価値のある活動が生み出せると思います。

 

逆に、
自分らしく生きれていないなら、
いくらお金が儲かったとしても、
心の渇きを感じるのではないかと思います。

 

1・自分らしく生きる

2・誰かの助けになる

3・お金をもらう

4・ステップアップする

1へ・さらに自分らしく

このサイクルが回ることが
ライフワークにおいて、
まずは基本となります。

 

自分らしさから始まる、
成長と貢献のサイクルについてでした。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload