© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

次の時代の勝ち組

01.03.2019

一昔前から、
勝ち組、負け組という言葉を聞きます。

 

誰でも好きなもので誰かに負けたと感じると、
嫉妬するし、悔しい。
と思う気持ちは出るのが当然です。

 

私はその気持ちはとても大切だと思っています。

 

逆に、
負けるのが怖いから、
『別に本気じゃないし』みたいに、
本気じゃないフリをしてみたり、
『なに本気出してるの?』みたいに、
頑張ってるのがカッコ悪いみたいなことを言ったりすることも

心理的な傾向として出るのはよく分かります。

 

ですが、
これからの時代に向けて、
地位的に優れてるとか、
物質的に恵まれているとかの尺度から、
どんどん意識は離れて、
充実しているかどうかが、
とても重要視されていく流れにあります。

 

『リア充』というネットスラングがありますが、
まさに、リアルが充実しているかということです。

 

リアルとは、
現実を踏まえた上で、
今の自分が肯定出来て、
未来にも明るい展望を持っていて、
心理的になるべく無理のない状態です。

 

その一番重要なポイントが、
『やりたいこと、好きなことがある』

ということだと思います。

 

やりたいことや、
好きなことをしている人はやっぱり、
なんだか楽しそうな雰囲気を醸し出しますし、

話していても、
自分のやっていることを楽しげに口にしていて、
エネルギー的にも暖かく軽い感じがします。

 

そこには、
下手な競争意識もなければ、
生き急いでいるような焦燥感も感じませんし、
愚痴っぽい重いエネルギーも感じません。

 

次の時代の勝ち組はそうした

『やりたいこと、好きなこと』を

好き勝手にやって生きている人です。

 

そして最大のポイントは、
そんな好き勝手生きているのに、
“ちゃんと誰かの役にも立っていて、
喜ばれ、感謝されている”
ということです。

 

そのような状態になるために、

迷子になってしまう人によくありがちなのが、
やりたいことや好きなことを

どこかに見つけ出しに旅をしにいくことです。

 

痛い自分探しの旅です。

 

もちろん最初は、
世界を見渡して、
どんなものに自分は心を動かされるのかを
見ることは、
ほんと重要なことなんですが、

最初から100%

『それが私のやりたいことなんだ』と思えるものは、
ほぼありません。

 

やってみたら『なんか違う』なんて思うものばかりです。

 

で、次の場所になんてしていたら、
旅はいつまでたっても終わりません。

 

ですから、
どこかで意識を転換する必要があります。

 

それは、
『自ら創り出す』という意識です。


これが必要になります。

そのためにも、
ちょっとでも『やりたい』と思うことは、
忙しい毎日の中で、
ほんの5分でもいいから触れ続けて行きたいです。

 

そうすることで、
自分だけの内面的変化は
引き起こされて行きますので。

 

そのあとに、
創り出すためのアイデアなんかは自然と湧いてきます。

 

自分のやりたいことや好きなこと創り出して、
流れに乗って生きて行きましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload