© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

人間関係

21.02.2019

仕事において、
そして人生において、

やはり人間関係は大切です。

 

私達は一人で生きてはいないし、
お金にしても結局は人が手渡してくれるものなので、
その関係性をどのように作っていくかが重要になります。

 

人間関係という“人との付き合い方”においてとても重要なことは、

『自分自身との付き合い方、自分自身との関係性』だということです。

 

・自分のことを雑に考えるような人は、
人に対しても雑になります。

 

・自分のことを裁く人は、
人のことも裁きます。

 

・自分を認められないと、
やっぱり深いところでは人のことも認められません。

 

・自分にダメ出しばかりだと、
人に対してもダメ出しをしたくなります。

 

どんな心の分野でも、
とにかく『自分自身とどう関わるのか?』ということが
一大テーマです。

 

『依存』→『自立』→『創発』

 

自分との関係性を整えていく作業は、
まず、依存から自立に向かう作業としてとても重要です。

 

これは経済的な自立ということではなく、
内面的な自立です。

 

簡単に言うと、『誰かのせいにしていませんか?』というところです。

 

誰かのせいに出来る時点で、
それはその誰かの影響を勝手に一方的に受けている、
依存状態です。

 

自分の中だけで「あなた、こう言ったじゃない。なのになんで」
と相手に言えずに悶々としている状態は依存です。

 

『相手がしてくれたら、私もやる』とか、
『相手が愛してくれたら私も』というのもよくあることですが、
条件が出ている時は、
まだまだ依存のステージです。

 

そういったことをちゃんと相手とその気持ちを伝え合えて、
「どういうこと?」とお互いに理解でき、
なおかつ全部の責任は自分だと思える関係性になると
自立の関係性のステージになります。

 

その関係性に、同じ方向性が加わってくることで『創発』という、
1+1が10にも100にもなる関係性に発展します。

 

この創発段階では、
ビジネスパートナーなら『自分がその目標に連れていく!』とお互いが思えてる関係、

パートナーシップなら、『自分が相手を幸せにする』とお互いが思えている関係に
自然となっている状態です。

 

ですから、
相乗効果が高まり、
アイデアも湧き出ます!

 

そんな感じで、
ステージを上げるためにも、
まずは“自分の心に気付く”ということが第一歩なんですね。

 

『本当はどうしたいのか?』


『そこにおいて、どうなっても責任は自分がとることができるのか?』

 

そんな想いに至るには、
自分が“本当の自分”で進みたい未来を見据えていられることも重要になってきます。

 

『自分はこのために生きたい』という熱い想いを整えていくことで、
自分自身に正直に生きられるようになります。

 

それは、
やはり人間関係においても正直なコミュニケーションに繋がります。

 

結局は自分自身との付き合い方によって、
人との付き合い方も変わってくるということです。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload