© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

今の幸せと未来の幸せの作り方

16.02.2019

よく、
『今ある幸せに気付きましょう』 
と言われます。

 

今の当たり前になっていることは、
本当は有ることが難しい、
奇跡のようなことばかりなんだから、
その『有り難さ』に気付くことで、
幸せになりますよと、
解説されたりします。

 

そして、
今を幸せに生きれば、
その積み重ねた日々で、
人生は幸せになるでしょうというロジックです。

 

ただ、人の意識は、
『当たり前の状態』にしていくように働いていきます。

 

人の意識はコンフォートゾーンと呼ばれる、
自分にとって安全で当たり前で、
何も考えなくていい状態を大切にしています。

 

ですから、
例えば空気が当たり前にあって
命に関わる酸素呼吸をしているのに、 
普段そこに意識はなかなか向きません。

 

これは、
コンフォートゾーンから外れた状況で

初めて気付くことが出来ます。

 

その状況とは、
空気の無い水の中に潜るとか、
酸素が薄い山に登るとか、

空気の存在に気付くというような、

“通常ではない状況”の時ほど、
今の有難さに気づけます。

 

ただ、ある瞬間、
全てに感謝が芽生えるということもあります。

 

『あー有難いな~』となぜか思えて、
嬉しくて涙ぐむような経験が私もあります。

 

私の解釈では、
『不安や恐れ』に繋がることを

特に潜在意識で色々考えていたりしますが、

それが一瞬無くなった時の平穏な気持ちから
湧き起こることなんじゃないかと仮説してます。

 

一方、
未来に想定したことをやり遂げたり、
想定外だけど嬉しいことが起った場合というのも

幸せな気持ちになります。

 

そこには、
人との交流が関わっていると思います。

 

未来に何かしらを想定した場合、
そこにはまだ見ぬ誰かとの交流があります。

 

その新しい人と心が通い、
喜び合えた時もまた幸せを感じます。

 

このことから、
コンフォートゾーンから外れるようなチャレンジをするほど、

今ある状況の有難さが見えてきますし、

未来の想定外の幸せにも出会えていくという感じです。

 

そんなチャレンジをして進む時には

必ず不安や恐れが出ます。

 

その感情が、
誰かと出会ったり、
そして不安を取り去る言葉をもらえたりした瞬間も

また一時的な心の平穏に、
有難さをすごく感じて幸せ感が広がります。

 

ですから、
やっぱり心からやりたいことをやっていくというチャレンジは、

今の幸せにも気付けて、
未来の幸せも生み出す力があると思います。

 

そんな“自分のライフワークを生きる人生”を
常に創造しながら、
歩んでいきたいですね。

 

大好きな人と、
大好きなことを創造しながら、
楽しい会話と美味しい食事と、
安らかな眠りと、
深い繋がりを感じられる、

素晴らしいです。

 

ライフワークの創造は、
今の幸せや未来の幸せをいっぱい感じられるチャンスが、
ふんだんにあります。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload