© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

人と違うから輝く

17.01.2019

日本人の和の気質の中には、
「みんなと同じでいい」という自分を特徴的に見せることを

押し込めてしまうような文化があります。

 

何となくバランスをとって、
当り触りのない感じにすることを良しとします。

 

ただ、
エネルギー的には、
行動して達成していきたいところもあり、
そうしたエネルギーに満ちた人達に触れる度に、

「自分は我慢ばかりしている」

と思うようです。

 

特にインターネットの世界は、
出る杭は打たれるどころか、
出たもの勝ちの世界です。

それを目の当たりにする機会も多いです。

 

もちろんみんなと同じことで、
安心できますし、
良い気分でいられることもまた事実です。

 

でも、
ひとくくりの「大衆」なんだと、
自分のセルフイメージをそこに持っていってしまうと、

自分自身を埋没させ、
リアルな生活も埋没していく事になってしまう恐れがあります。

 

自分自身の人生という大きなものほど、
距離が無いと全体を捉えられないので、
離れて俯瞰します。

 

これからの時代は、
道徳観や倫理観に沿って人と繋がることをしながらも、

自分の個性を存分に発揮していくことが、
これからの時代性としてますます合ってきます。

 

大衆に埋もれない自分を是非確立していきましょう。

 

そして、
光り輝く自分へ進んでまいりましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload