© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

潜在意識から創り出すライフワーク

10.01.2019

『潜在意識』を一つのテーマとします。

 

ただ、
この意識帯とは、
ものすごく膨大な情報を抱えた場で、

自分の中の色々な想いが詰まっています。

 

その人らしいライフワークを生み出していく場合、
この潜在意識から、
その人にとって、
とても大切にしている想いを導き出していきます。

 

よく聞くのは、過去の想い出です。

 

『小学校の時何が好きでした?』は、間違いなく聞くポイントですが、

これは、
ウン十年も前の記憶で自分の中では時系列となっているように感じますが、

潜在意識では実際、
時間軸は存在しません。

 

単純に、
記憶の中で印象深いものは覚えていて、
印象が薄いものは記憶せずどんどん忘れていくということです。

 

催眠療法などで深い意識帯にアクセスすると、
自分では到底思い出せない過去の記憶だったりが出てきたりします。

 

ですが、これが、
自分でねつ造されたものということが結構あって、
事実とはまるで違うことが心理学の実験結果でも明らかにされています。

 

ですから、私は深い意識よりも、

自分で思い出せて感情が乗るぐらいの深さにある意識を重視しています。

 

そこには、ちゃんと自分の感情が乗っているからこそ覚えているという、
その人らしさがよく見えるからです。

 

また、
過去の出来事だけでなく、
未来への想いもまた、
潜在意識には一緒に想像の記憶として入っています。

 

私の潜在意識のイメージは、宇宙(星空)です。

 

クライアント様がこれまで生きてきた

無数の記憶が星空いっぱいに輝いています。

 

その中でも特に輝く星が、
印象深い記憶の星です。

 

それは、
大切にしたい信念を感じる星であったり、

積み上げてきたスキルの星であったり、

これからの夢を感じる星、

大切な人への気持ちの星、

そんな光り輝く星を結んでいくと、
その人の『星座』が浮び上ります。

 

心理学者ユングの言葉を借りると

『コンステレーション』というものが起こります。

 

コンステレーションとは、
そのまま『星座』を表す言葉ですが、

ユングは、
「一つ一つの事柄や状況が、
それだけでは何の関係も意味もなしていないようであっても、

あるとき、
それらが一つのまとまりとして全体的な意味を示してくる、

それに気づくこと」

という意味でこの言葉を使いました。

 

私もすごく共感を持っている言葉です。

 

星座が浮び上った時、
そこには物語も一緒に浮び上ります。

 

さそり座には、
さそり座の物語があるように、

その人の物語が感じられる瞬間があります。

 

まさに、
この一度きりの人生の“大切な命の時間”を
ここに掛けていきたいと思える、
ライフワークを作りましょう。

 

潜在意識から、
つむぎ出したライフワークは、
私は間違いなく一生の価値になると確信しております。

 

素敵なライフワークがスタートする

最高の旅にしていきましょう。

 

以上。

 

神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload