© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

自由は勉強

27.12.2018

人間が『自分で幸福だと思える人生を歩む』ためには、
自由さの中で、
自分の意志で選択して生きていくことが、
とても重要だと思っています。

 

人は生まれながらに自由だと言います。

 

確かにその自由さを持っているのですが、
上手く使うことが出来ない現実があります。

 

自分が持つ自由を行使するには、
実は資格がいるということが

中世ヨーロッパでは考えられていました。

 

自由に生きるために訓練(勉強)があります。

 

それが『リベラル・アーツ』とよばれた学習です。

 

『自由7科』と言われ、
7教科を勉強することで、
人は、はじめて自由に生きられると考えられていました。

 

ちなみにその7教科とは、

・文法学、修辞学、論理学
・算術、幾何学
・天文学
・音楽

 

天文学が入ってるのが、興味深いです。


電灯が誕生する以前は、
星空を見上げることを人は長年してきましたから。

 

私達は、自由さを持って生まれますが、

どうしてもすでにある社会の枠組みの中に放り込まれ、
そこに順応するように成長していきます。

 

自由になるということの本質は、

その枠組みに反発して外に出ていく、、
ヒッピーのように自然に帰るような生き方ではなく、

今の枠組みの上でなお、
自由に振る舞えるような感性と知性を併せ持つことです。

 

それで、
はじめて自由な選択が可能になると感じます。

 

その上ででしたら、
自然に帰る選択をしてもいいし、
都会で自由に振る舞ってもいいでしょう。

 

中世では、
上の7教科を学ぶことで、
当時の枠組みの上で自由に振る舞えることが出来たのでしょう。

 

私は、『現代ならこれが必要だと思う』という想いで、
現代版リベラル・アーツとして、
『心の教育』が必要不可欠だと思って発信しています。

 

勉強というと肩っ苦しく感じますが、
自由に生きるためには、
それなりの学びは必要になるということです。

 

是非、
そんな地に足の着いた自由さを手に入れていきましょう。

 

2019年を益々自由な私へ!


自由に、楽しい人生を歩んでいきましょう!

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload