© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

お金の心理学と投資

03.12.2018

今後は益々お金との付き合い方を考えることが

必要になってくると感じています。

 

今の時代、
資本主義社会に私達は立っている以上、

世界のルールとしてお金は組み込まれています。

 

このルールがだんだんと、
しかもテクニカルに変化してきています。

 

例えば、
サッカーをやろうとした場合、

そのルールを知らないと、
本当の意味で楽しめません。

 

『ボールって手に持ったらいけない?』 


みたいな感じでは、
叱られるばかりで楽しいはずがありません。

 

そのゲームを楽しもうと思ったら、
ルールを知っていることが大切です。

 

どんな競技でもそうですが、
このルールがどんどん変化します。

 

オフサイドラインがどう、
キーパーはこの時は手を使っちゃいけない、
レッドカードを出す時とは、
など、
細かいルールが色々変更されていきます。

 

すると、
今まで強かった人が、
ルール規制で全然勝てなくなったりするといったことは、
オリンピックでもよく話題になんでなります。


逆に新人が勝ちやすくなったりなど。

 

そんな感じで、
ルールを知っておくことが、
ライフワーク作りにおいても最低限必要です。

 

そんなお金のルールが目に見えて変化してきています。

 

例えば、
もう私達は、普通に順応していますが、
お金がデジタル化してきたこと、

そして更に仮想通貨の登場で、
またルールが変更されてきています。

 

この辺りが一番大きいのですが、
これによって投資のあり方も

いろいろ変わってきているというのを感じています。

 

『投資はマネーゲームであって、
ライフワークにはならない』という想いがある方もいます。

 

こういった目に見えるルール変更なども出てきたので、

お金の成り立ちから、
人の心理的ブロックまでを見ることで、
ルールを理解して、
楽しんでいきましょう。

 

ライフワークという視点では、
必ず必要です。

 

例えば、
ウォーレン・バフェット氏などは

明らかに投資がライフワークになっています。

 

でも、
普通の人が投資をやっても、
ライフワークにはならないという想いがありました。

 

どうしても、
『お金を作ってから、ライフワークに取り組む』
みたいなスタンスで始めますし、
どこまでいってもマネーゲーム。

 

逆にお金が出来てくると、
失う恐怖にからめとられたりします。

 

ウォーレン・バフェット氏は、
逆にお金よりも、
投資先の会社にとても興味があります。


だからライフワークなる。

 

この辺りを整理できると、
ライフワークとしての投資のあり方も

見出せると思っています。

 

また、
これから動きが活発になるであろう、
最先端のAIを用いた投資法にも

少し首を突っ込んだものもあります。

 

お金のルールを理解していくことで、
ヘタに怖がったりすることなく、
自分のやりたいことが出来てくると思います。

 

でも重要なのは、
『どう生きるのか?生きたいのか?』という
本質の部分でもあります。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。 
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload