© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

悩みの分別とリサイクル

18.11.2018

皆様は、今どんな悩みをお持ちですか?

 

5分くらい時間があったら、
書き出してみてください。

 

10個ぐらい出ますでしょうか?

 

悩みは、他人から見ると、
『そんなことで悩んでるんだ』と
感じることが結構多いです。

 

しかし、
自分としてはとても大事のように感じているものです。

 

私が好きな言葉があります。

 

『どんな人でも問題は起こる。
でも、それを悩みにしないだけ』
という言葉です。

 

皆様、
問題が起きたら、
悩むことがセットだと思い込み過ぎています。

 

悩みには、2種類のものがあります。

 

それが、

自分で『コントロールできる悩み』と、

『コントロールできない悩み』です。

 

例えば、
『子供がもし事故にあったらどうしよう』という悩みがありますが、

これは、コントロールできるものではありません。

 

危ないことを子供に教えるという対処は出来ても、
事故自体はコントロールできません。

 

自分でコントロールできないことは、
もう手放すしかないんですね。

 

悩んでいても、
どうにもならないことですから。

 

ある人は、
『日本の経済が破綻したらどうしよう』とか、
『隕石が落ちてきたらどうしよう』とか、
『テロに巻き込まれたらどうしよう』と、
本気で悩んでいます。

 

テロはまだ身近な感じもしますが、
隕石って。

 

『そんなことで悩んじゃうの?』
って思いませんか?

 

コントロールできないことは、
悩むだけエネルギーを消費して、
疲れるだけですから手放していきましょう。

 

逆に、
コントロールできるものは、
それに対するアクションを取ればいいことになります。

 

問題 → 悩みでグルグルする のではなく、

問題 → 分別 → 手放す or 対処

とすることで、

悩みではなく問題解決に意識のスイッチが入ります。

 

『悩みにしないだけ』と言ったのは、
即座にこの分別をしているのです。

 

実は、
もう一つ悩みの発生について思うことがあります。

 

それが、自分のあり方について意識が及ばないと、

『また同じ問題が繰り返し起こる』というものです。

 

問題が起きた時、
『それは相手が悪い。自分は何も悪くない。』として
心の中で処理したように見えても、

根本的な自分のあり方が変わらないと、

結局また同じような問題が起こり、
同じような悩みに見舞われます。

 

しかも、
それがどんどん大きくなっていきます。

 

人生では、

結局『自分が悪かった』と反省し、
あり方を見直すところまで問題は大きくなっていきます。

 

繰り返すほどに、
アイデンティティクライシスに陥るほどの、
精神的ダメージの大きなことへとリサイクルされ続けるんですね。

 

自分にも非があり、
それを受け入れ、
そして次への改善へと繋げることが出来ないと、
そのリサイクルは止まりません。

 

その根本は、
自分の考え方、
マインドを変える必要があります。

 

すると、
なんでそんな悩み方をするのかが見えてきます。

 

そして、
自分とは違う考え方にも気がついて行けます。

 

そこをまずはヒントに、

世界にたった一人の『自分の本当のあり方』を

見出すきっかけにしましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload