© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

魂レベルの恋

17.11.2018

『魂レベルで恋してますか?』

 

恋愛ではなく、
自分の人生に対してです。

 

自分の人生を、
自分の魂は喜んでいると感じますか?

 

人の内面を、

頭脳の領域(IQ)、

心の領域(EQ)、

魂の領域(SQ)、

と分けます。

 

一般的な例を出します。

 

頭脳は、
『給料もらわなきゃ暮らせないでしょ。老後のためにも備えなきゃ、
今日の仕事のリストもあるしね。』


みたいなことばかりです。

 

心は、
『今日も会社行くのめんどくさいな~。他にやりたいことあるしな~。
でも、楽しい仲間もいるし、行っとこうかな~』
と、優柔不断です。

 

そして、魂は、
『いつまでこの生活を続けるの?本当にこれが人生でいいの?』と、
人生に納得感を求めています。

 

この3つの領域は、
それぞれ判断基準が違います。

 

頭脳は『やるべき』ことに向かいます。

 

心は『やりたい』ことに向かいます。

 

魂は『本質』に向かっていきます。

 

本質とは、
自分にとって美学や哲学を感じるものです。

 

ですから、
自分の人生に対して、
自分が美しい、自分らしい
と感じられているのなら、

それは、
人生に対して魂レベルで恋をしています。

 

自分が人生に対して、

魂レベルで恋をしている時に行っている活動に対して、

他人がたった一人でも共感してくれて、

まさに魂レベルでリンクしてくれたとしたら、

その活動はライフワークです。

 

ライフワークの上には、

『ライトワーク』というもう一段上の領域があるのですが、

そのレベルになると、
全世界の集合的無意識にリンクしていくような広がりを

徐々に見せていきます。

 

簡単に言いますと、
世界平和や、人類の発展へ貢献できる
ものになってきます。

 

その世界観にまでなると、
自分の中でもはっきりとした使命感や志が
持てている状態となります。

 

『たった一度の人生だから、
出来ることなら、
楽しく使命感を持って生きたい』
と思っていましたら、

まず手始めに、
自分の人生を魂レベルで恋していきましょう。

 

そのためには、

頭で言っていること、
心が言っていること、
魂が呟いていることを、
分けて見ていくことです。

 

そして、
『やるべき』、
『やりたい』、
『本質』が、
揃うものをやっていくことが、
人生を開花させていくことに繋がっていきます。

 

魂レベルで恋した人生を創り、
歩んでいきましょう!

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload