© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

負けないという強さ

11.11.2018

何かをやろうとするとき、
やっぱり自信がなかったり、
怖くなることがあります。

 

それは、
勝手に妄想の中の誰かと
競争しているからです。

 

例えば、
何かを企画して、
お客さんが来なかったらどうしよう?
など。


『別に来なければ来ないでいい』
で良いのです。

 

「タイミングが悪かったんだな」とか
「伝え方が悪かったんだな」という反省はしても良いですが、

そこに恐れのような感情が出ることは違います。

 

その一番の理由は、
『自分の場を作る』からです。

 

人とは違う想いを明確にし、
自分の想いを形にしている場を作るので、
特に誰かと競争するような意識がなくなります。


これは、
心理的にとても負担が軽くなりますし、
この場なら『自分は負けない』という自信が芽生えます。

 

人と勝負すると、
必ず勝ち負けが出ますし、

他人の土俵に入っていって、

勝ち取っていくことに喜びを見いだせる人ならともかく、

自分のやりたいことでも、
どこかの誰かと競争している感じを受けるようなら

心をすり減らす要因になります。

 

そんな重い感じに陥るということは、
自分の想いがハッキリしていないということ。

 

ライフワークの本来の意味である
『自分本来のあり方』が見えていないからです。

 

どこかに勝ちに行くようなことをするのではなく、

『負けない自分』
を作ることをした方がよほど健全です。

 

ビジネスで言えば、
ライバル調査自体が
どこかと競争していることなので。


そういう競争をしたいのであれば別ですが、
これからの時代は、
無理せず、
自分の場を作って、
そこに自分の自信を見出していくことの方が
とても重要です。

 

自分の想いが整理されるからこそ、
より探求心も芽生えて、
自分の場の知識が深まっていきます。

 

まさに、
『自分にしか出来ないコミュニティ』が生まれます。

 

この場においては、
間違いなくそれを作った人が一番です。

 

誰かが体裁だけ真似ることが出来たとしても、
そこに込める想いは、
その人にしか出せないものなので、

必ずワン&オンリーの世界になります。

 

それが、
この場においては『負けない』という強さとなり、

自分のセルフイメージを高め、

更なる進化を促していきます。

 

そんな負けない自分を創っていきましょう!

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload