© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

承認

10.11.2018

マズローの欲求五段階説は、
かなり認知されていると感じます。

 

上から
自己実現の欲求。


承認の欲求。


愛と所属の欲求。


安全の欲求。


生理的欲求。

 

です。

 

 

自己承認がないと自己実現は、ありません。

 

自己承認があるから、自己実現にいけるからです。

 

他者承認が満たされると、自己承認になります。

 

人は皆、
生まれてきた時から承認のバケツを持って生まれてきていることと、
私は表現します。


そして、それを確信しています。

 

他者承認はバケツに入る水です。

 

その水が、
環境や人間関係によって減っていきます。

 

そして、
この承認のバケツが空になると、
人は孤独さや切なさ、
生きている価値を見出せなくなります。

 

ですから、
泥水でもいいから、
入れて欲しくなります。

 

それが、
非行、犯罪、暴力、悪口、などです。

 

要は、
どんな形であれ、人から注目を浴び、
ここにいるよ、
なにか言ってよ、
凄いでしょ

とするわけです。

 

では、
どうすればいいか?

 

温かい言葉。
優しい言葉。
褒める言葉。
気にかける言葉。
あなたが必要ですという言葉。

をあげるんです。


プレゼントするんです。

 

いやいや、
そんなことしても、全く聞いていない。


全く変わらない。


逆に冷たい態度や言葉が返ってくる。

 

そんな声が聞こえます。

 

しかし、
それは、他者承認という水がまだ足りてないだけなんです。

 

他者承認という水が、
承認のバケツから溢れて、
初めて、
自己承認になり人は変わります。

 

溢れた水が自己承認と他人を考えれる力になります。

 

便利な世の中です。


ただ、心、承認のバケツは、
反比例し、

ホースでは、水を入れれません。

 

温かい言葉、優しい言葉、褒める言葉
という綺麗な水をひたすら手酌で注ぐことしか無理です。

 

だからこそ、
あきらめてはいけないし、
根気がいりますし、
大切な方にしか出来ないことかもしれません。

 

しかし、
その方の承認のバケツが、
私達の言葉という綺麗な水によって満たされ、
変わった時、
その言葉をその方以上に聞いてきたのは、
自分自身です。

 

だから、
得もいわれぬ感動があり、
同時に、
自己承認も強くなり、
自分の承認のバケツから湧き水のように水がこぼれ出ます。

 

もちろん、
人の承認のバケツを満たせる方々は、
自分の承認のバケツも自力で満たせます。

 

皆様は、
それが出来る方々だと確信しています。

 

他人の承認バケツ、あるいは自分の承認バケツを皆様の言葉、
綺麗な水で満たして、かつ溢れさせてみませんか?

 

神鷹の独り言でした。

 


 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload