© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

価値とお金の関係

10.11.2018

お金は、
何かと引き換えるためのツールになりますが、
その引き換える時に、
感じているものが『価値』です。

 

それには価値があると、
自分が感じるからこそお金を出します。

 

ですから、
価値のあるものを提供すれば、
お金が集まります。

 

この価値を細分化していくと、

機能性であったり、
希少性であったり、
情緒的な価値など
色々言えるのですが、

ライフワークで勘違いしたり、
ズレたりする価値を
お伝えします。

 

それは、
『自分にとっての価値と、世間一般の価値のズレ』
です。

 

ライフワークでは、
これが非常に起こりやすいです。

 

これは、
自分の潜在意識の中には様々な価値観があって、
一般的な価値観から個人的な価値観まで

混ざっているからです。

 

例えば、
オークションで、
キャラクターのぬいぐるみを出品したとします。

 

自分にとっては宝物で、
本当は手放したくないという価値のあるぬいぐるみです。

 

それは、
自分をキャラクターにして
彼女が手作りしてくれた世界に一つしかないものだからです。

 

自分にとっては、とても価値の高いもの。

でも、入札は一件も入りません。

 

それは、
世間一般では価値が無いものだからです。

 

これが、
パーソナルバリューとマーケットバリューの違いです。

 

その人だけが価値を感じるものを『パーソナルバリュー』

世の中の人が価値を感じるものを『マーケットバリュー』
と言います。

 

ライフワークは、
自分の想いがこもっていて、
自分にとっては価値の高いものになりますが、
それを、
ちゃんと世間的価値としてもどうかということを

見る視点が必要です。

 

よく有りがちなのは、
自分は価値が高いと思いこんで、
『パーソナルバリュー』に傾きすぎてしまうことです。

 

逆に、自分の売っているものに、
価値を感じていない場合もあります。

 

理想は、
自分が大好きな商品『パーソナルバリュー』も高く感じて、
なおかつ
みんなから価値があると思ってもらえる『マーケットバリュー』も

高いというものを提供していくことが、

心からの大きな喜びになります。

 

これが真の『ライフワークバリュー』です。

 

このズレが、
自分ではなかなか分からないのです。

 

どうしても自分の価値観が先行して、
パーソナルバリューが強くなります。

 

客観的な視点で見てもらったりすると、
ちょっとした伝え方を変えるだけで

価値が伝わるようになります。

 

高いライフワークバリューになるように、
目指していきましょう。 

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload