© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

伝達力(続 値上げ)

10.11.2018

クオリティが高いから値段が高いのではない、
値段を上げるからクオリティが上がる。

 

値段を上げると、
商品、サービス開発のコストを上げれる。

 

商品、サービスに対して時間をかけれる。

 

腕の良い職人、営業マンをスカウト出来る。

 

だから、
値段を上げることにより、
結果、
お客様が得をする。

 

どーすれば、
出来るのか?

 

『伝達力』です。

 

伝達力が高いと安いものを売る気がしません。


なぜなら、必要ないからです。

 

安い値段で売るなら、安くしたいなら、
インターネットで、
モノ、サービスなどを売れば良いです。


Amazon、価格ドットコムを見れば分かります。


基本的に安い順から、
モノ、サービスが並びます。


ただ、1番しか売れません。


あなたは、同じようなモノ、サービスが並んでいて、
敢えて、上から3番目の価格を選びますか?

 

だから、皆様が値段を下げるなら、
現状維持でいくなら、
安い値段で売りたいなら、
世界一安くして下さい。


叩き売って下さい。

 

そうしないなら、値段を上げて下さい。

 

伝達力の力を上げると値段がさらにさらに上げれます。


そうすれば、
経営者もお客様も従業員の方々も

三方よしで幸せになります。


この、モノ、サービスに溢れた現代、
もっとテクノロジーが進化していく今、
正直、もうそれしか方法はありません。

 

伝達力を上げると売価(値段)を倍にしても、
利益は当然上がりますが、
売り上げすらも上げることが出来ます。

 

それは、『なぜ高いかを喋れるから』

例えば、
分かりやすいのでモノの例を出します。

 

一切れ450円のケーキを、一切れ900円にします。


お客様が入ってきて、ショーウィンドウを見ます。


900円に目が止まり、目が動きます。

 

はい、プレゼンタイムです。

 

「このケーキ達凄いでしょう。
お客様高いと思われたのではないですか?
それはね、、、」

 

『人間は疑問が浮かんだらその疑問を解消したい』
つまり、
お客様から説明して と言っているのと同じです。


逆に、
普段通り、当たり前の価格 一切れ450円なら、

何の質問も疑問もない。


だから、
プレゼンテーション出来ない。

 

売価(値段)を上げると、
「プレゼンテーションして」とお客様のスイッチが入ります。

 

言い訳はいりません。


どんな職種、分野でも全て同じことが言えます。

 

伝達力をコントロール出来るということは、
値段をコントロール出来るということです。

 

以上。

 


神鷹の独り言でした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload