© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

未来思考と過去思考

08.11.2018

人生を上手に作っている人、
いつも楽し気な人、
成功していく人の意識には、
ある共通点があります。

 

それは、『未来思考型』か、
『過去思考型』かの違いです。

 

上手くいく人は、
必ず『未来思考』をしています。

 

この意識のメカニズムは、

まず、大前提として
『問題の起こらない人生は無い』ということを

マインドセットしておくことです。

 

ひどい親の元に生まれた人、

または、借金を何千万円も抱えた人、

大切な人に裏切られた人、

いろんな問題が人生には起こります。

 

何にも無い人はいません。


大なり小なり、
何かしらの問題が起こります。

 

それでも、
同じような問題が起きても、
すごく悩む人と、
全く悩まない人がこの世の中にはいます。

 

100万円の借金で、死を意識する人もいれば、

7億円の借金を抱えていても平気な方がいます。

 

それは、持っている価値観が違うからです。

 

価値観を作る基になっている、
観念が全く違うと、

同じ事象を経験しても、
まったく違う捉え方になります。

 

この時、
その観念によって、
二つの方向性が定まります。

 

それが、
『過去思考』になるか『未来思考』になるかです。

 

例えば、
自分がフラれて失恋したとします。

 

それはとてもショックなことです。


ご飯も喉が通らないほどの大問題かもしれません。

 

ここでずっと悩み込む人と、
切り替えて進める人とで大きな思考パターンの違いがあります。

 

それが、
『せいで』と『おかげで』です。

 

『失恋の“せいで”、ご飯も喉がとらない。もうだダメだ。生きる価値は無い。』

『失恋の“おかげ”で、また新しい出会いと恋が出来る。そう思って、前をむこう。』

前者は、
その恋人との過去の記憶にフォーカスしています。


すると、
『○○のせいで』という思考になります。

 

あの出来事のせいで
あの人のせいでと、
過去の記憶に、
いつも紐付けられています。

 

逆に後者は、
これからの未来にフォーカスしています。

 

あの出来事のおかげで
あの人のおかげで

何を得ることが出来るのか
という未来を見ています。

 

この思考によるイメージは、
潜在意識にどんどん刷り込まれていきます。

 

ですから、
『せいで思考』の人は、
過去に縛られ、
どんどん暗くなり、
そのような人生を引き寄せていきますし、

『おかげで思考』の人は、
未来に向かって意識せず取り組むことが出来、
結果、
新しい恋という現実が早々に引き寄せられていきます。

 

そして、
大きなマインドセットとして

『幸せな人生という現実が、今あれば、
過去の記憶は全て“おかげで”に変わる』

ということです。

 

ですから、
幸せな現実を追い求めて創っていく必要があります。

 

しつこく言います。


時系列は、
過去→現在→未来ではなく、
未来→現在→過去です。

 

私は、
その一つの方法が、
『ライフワークを創る』ことだと確信しています。

 

ライフワークが出来ていくと、
人生の3つの悩みと定義される、

『健康の悩み』、
『お金の悩み』、
『人間関係の悩み』、
が改善されていきます。

 

全ての出来事を『おかげで』に変えていくためにも、
『○○のせいで』に引っ張られないように意識していきましょう。

 

それでも、もし、
1人で悩んでしまう時は、
誰かと一緒に会話できると、
おかげで思考に切り替わります。

 

愚痴を言い合うのでは決してありません。

 

そして、
未来を共に創っていきましょう!

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload