© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

未来を読む力

31.10.2018

ペイパルマフィアを聞いたことがありますか?

 

いま世界で使われているペイパルの創業メンバーが独立して、
多くの企業を立ち上げ、
ガンガン成功しています。

 

YoutubeやLinkedIn、
アメリカでは知らない人がいないYelpなどの
創業メンバーも、
元ペイパルのメンバーです。


その人たちのことを
ペイパルマフィアと呼んでいます。

 

中でも、
ペイパルの前身となったX.comを起業し、
電気自動車メーカー『テスラモーター』のCEOの

イーロン・マスクは飛ぶ鳥を落とす勢いです。

 

宇宙事業を手掛けるスペースX社のCEOや、
その他多くの事業も同時に手がけています。

 

イーロン・マスクは2つの見方をしています。


一つは、
『人類の長期的な利益に寄与したい欲求』
もう一つが、
『胸躍ることをしたい欲求』です。

 

これは、
2つの魂の欲求である『他者貢献』と『自己満足』を表します。


この言葉を言うと、
『他者への貢献なんて』と、
おこがましいやら、
めんどくさそうと
感じてしまう人も少なくありません。

 

でも、イーロン・マスクの言葉が本質をついています。


『私は誰かの救世主になろうとしているのではない。
未来を悲観的に考えず、
人が進む道を見据えて、
その未来をより早めるために動いているだけだ』
と言っています。

 

『未来は間違いなくこうなる
こうなった方が面白い
ワクワクする
そんな世界を早く見たい
だから自分がやる!』
まさにライフワークの本質です。

 

ペイパルマフィアは天才たちが集まって
こんな話ばかりしています。

 

こういった未来を引き寄せるイノベーションは、
会議室ではなく、
カフェやバーで生まれるものだとよく言いますが、
誰かのちょっとしたバカげた発言が

端を発することは本当にあります。

 

セルフイメージを上げて、
ガンガン未来を切り開きましょう。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。
 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload