© 2017. kamitaka BLOG all right reserved

感謝のエネルギーアップ

11.10.2018

「人間関係でエネルギーは無くなる」


人は自分の中に、
何人か影響力の強い人がいます。


その人からのちょっとした反応次第で、
感情が乱れたりします。


それが人によっては、
父親だったり、母親だったり、
上司だったり、友人だったり。


自分に対して、
上から目線や高圧的に感じる人ほど、
大きく動揺して、
エネルギーが無くなっていきます。


これは、
関係性がそうさせてしまっているので、
自分が相手を上に持ち上げ、
『高圧的に接してもいいよ』という関係性を
自分も無意識に同意して作ってしまった
とも言えます。

 

感情を振り回され、
エネルギーが無くなっていくと、
無気力になり、
自分自身を生きることが出来なくなります。


一度作られた関係性を変えるのは、
非常に難しいものです。


潜在意識に刷り込まれている、
その関係性をひっくり返すためには、
それ相応の労力が必要になります。


でも、エネルギーが無くなるんで、
そんな力も芽生えてこない。


という悪循環にハマってしまいます。

 

「感謝の力」


そんな時、
感謝でのエネルギーアップが役立ちます。


人は感謝するだけでエネルギーが上がるんです。


まずは、
その当事者となる相手でなくてもいい。


素直に相手に言える状況でもないことが多いですから。


誰でもいいので、
とにかく感謝を感じるところで、
心から伝えてみて下さい。

 

それだけで、
エネルギーが上がります。


そうやって、
自分のエネルギー量を高めていきます。

 

ですが、
心理学で言うところの『ゲーム』にはまり出すと、
エネルギーが上がって、
明るい雰囲気が出ると、
また相手にやり込められて、
奪われたりします。


これは相手にとっても感情が逆立つあまりよくない行為です。


ゲームにハマり込んでいる時は、
「自分を大きく変化」させるか、
一旦、距離を完全に離す(まるっきり干渉しない)ようにするのが良いです。

 

人間関係は、
一番感情が動くところでもありますし、
それは『心のエネルギー』の消費量に
大きく関係してきます。

 

「まずは小さなところから」


落ち込んでいる時ほど、
感謝を伝えることからやってみて下さい。


コンビニのお姉さんに、
心からありがとうを伝えてみる。


そんなところからです。


その時、
『あなたがいてくれたから、このドリンクを飲むことが出来る』
というその個人に対してから、
『このコンビニがあるから』
『配達する人がいるから』
『作る人がいるから』
『材料があるから』
『栽培する人があるから』
『自然があるから』
と、大きな視点にまで広げられた

『ありがとう』は、
エネルギーがかなり上がります。

 

これは、昔、
ドラゴンボールという漫画で元気玉という技がありましたがそれに似ています。

 

是非、物事の背景まで「イメージ」して、
感謝を伝えてみて下さい。


エネルギーの上がる感じが分かります。


お試し下さいませ。

 

以上。

 


神鷹のコラムでした。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload